最近のトラックバック

音楽に関する雑学

2015年5月13日 (水)

題名のない音楽会 2015年4月26日

テーマは「線路は続くよ、音楽と共に」。何で突然こんなテーマを?と思ったが、北陸新幹線金沢延伸のあやかり企画だった。

今の鉄道の前身としては馬車だ、としてアンダーソンの「馬と馬車」を採りあげた。次にロンビという人の「コペンハーゲンの蒸気機関車のギャロップ」という長ったらしい名前の曲が演奏された。

そして「線路は続くよ」にからませて世界各地の鉄道とその歴史を辿るメドレー。

初めに挙げた2曲とも初めて聴いた。私はアンダーソンについては自分の仮想音楽番組のテーマ曲に彼の「舞踏会の美女」を使っていたこともあり一家言あるつもりだが、まだまだ聴いていない曲も多いのだと思った。

初めての曲も含めてマアマア聴きやすい曲が並んだが、それ以上でもそれ以下でもない。だいたい、鉄道の先祖に馬車をもってくることに無理があるのではないか。管見では、東京都電の始まりは馬車鉄道だが、あくまでも電気が豊富ではなかった時代の遺物であり、よくは知らないが貧しかった日本固有のものではないだろうか。「人車鉄道」なんて苛酷なものもあったわけだし。
精々言うならばこれらに「先祖」を見いだすべきで、一般的な馬車を先祖とするのは適切ではないと考える。馬車を先祖とするのはむしろ自動車だ。

また、この番組、時折マニアチックな曲も採りあげるのだからオネゲルの「パシフィック231」をやっても良かったのではないか。
ちなみに、この題名だが、蒸気機関車の軸配置が前から「2-3-1」となっているタイプの愛称を「パシフィック」と称するので、同じことを2回繰り返している名前である。尚、同じタイプの機関車を、車輪の数をもとに「4-6-2」と称したり、日本式表記では「2C1」と称したりする。パシフィック蒸気機関車の日本での代表機はC57。この「C」は車軸配置の真ん中の数字「3」を表し、即ち動輪の数を示す。
私が以前から面白がっているのは、同様に「2-8-2(1D1)」の配置を有し、C57同様に今でも人気が高いD51。このタイプの相性が「ミカド」だということである。

それはさておき、広がりも突っ込みも乏しく、ただ漫然と曲を並べただけ。北陸新幹線延伸のお祝いなのであれば、沿線の民謡を採りあげても良かっただろうし、番組内でも紹介していた、鉄道好きで知られるドヴォルザークで、音楽と鉄道の関係を掘り下げても良かっただろう。
企画がイマイチであり、評点は4.

2015年3月11日 (水)

題名のない音楽会 2015年3月8日

先週は「東北から響け」の第1弾だったが、今週はその第2弾としての位置づけ。
冨田勲のイーハトーヴ交響曲をシエナウィンドオーケストラで演奏するというもの。

ハッキリ言って、つまらなかった。初音ミクは出さないわ、語り部はつくわ、太鼓の踊りはでるわで、最後まで聴くのは止めた。
冨田勲も登場していたから、作曲者としては公認なのかも知れないが、余りこうした形態の演奏は、今後やらない方がいいと思う。
結果、リフマニノフの交響曲第2番を引用した部分だけが強く印象付けられた形となった。

確か、こんなにつまらない曲ではなかったと記憶していたので、2012年11月23日の世界初演時の録画を視聴し直した(2013年5月4日 Eテレで放送)。

記憶は正しかった。
まず、初音ミクが加わることで、幻想的な世界が益々奥行きを増す。ウィンドオーケストラよりもやはり管弦楽の方が表現力で上回るようで、聴き応えがあった。
このときの演奏を収録したブルーレイも出ているから、見たことのない人は是非。CDも出ているが、ここはやはり映像付きで。

それと、イーハトーヴという名称だが、この日をはじめ、関連する番組の全てで、謎の言葉としてしか説明がなく、私もそのまま受け止めていたのだ。
しかし、この日の番組を見て、最近書評を書いた本のことを思い出した。

その中に、このイーハトーヴについての解釈が載っている。
エスペラント語で、「イーハト」は岩手、「オーヴォ」は卵の意味だというのである。宮沢賢治がエスペランティストだったのは、その分野では有名な話だそうで、これは大いに可能性がありそうだ。
つまり、「イーハト・オーヴォ」と解するわけだ。

生前に宮沢賢治がこのことの答えを曖昧にしたままだったというのも、エスペラントが、当時は一種の危険思想であり、ヴォルシェヴィキとか無政府主義と中ば同一視されていたことを考慮すると、公言するのを避けたと考えてよさそうだ。
まあ、「岩手の卵」となった処で謎には違いないのだが、まだ、「よく分からないが賢治の造語」とだけ説明するよりは、少しでも近づけたという感じはすると思う。

また、彼の詩や童話の類も、エスペラントに理想を見いだした人だったことを前提に読み直してみると、新しい発見があるかも知れない。

番組の評点は上記より、高く付けることはできない。3.5。

2014年3月18日 (火)

休載経緯ご報告(2) 「題なし音蔵館」収蔵音源改訂のポイント

収蔵音源改訂のポイントは、次の通り。

1.テンポと曲想の見直し

遅すぎると思われた曲について、概ね速い方向に改訂。曲の途中でテンポを変更する曲も増やした。併せて、曲想についても、可能と見た曲は、強弱記号を付加したりして実行してみた。ここで参考に供させて頂いた演奏家の皆さんは次の通り(順不同)

  • 指揮者・・・カラヤン、ベーム、クナッパーツブッシュ、モントゥー、ライナー、ケルテス、マリナー、バーンスタイン、プレヴィン、パーヴォ・ヤルヴィ、デュトア
  • ピアニスト・・・宮沢明子、小山実稚恵、仲道郁代、小林愛実
  • オルガン・・・リヒター、ハーフォード

2.音量の増強と楽器バランスの修正

finaleのミキサーの使い方がまだよく分かっていないこともあって、全体的にレベル100を余り越えない程度の音量にしていた結果、音が小さすぎたものとなっていたのを改善。
併せて、楽器のバランスについて、音量で調整可能なもので気になったものは、然るべく修正。

3.移調楽器の修正

現在のこうしたソフトでは当然なのかも知れないが、例えば移調楽器ではないフルートがやっているメロディーや音型を、移調楽器であるB♭のクラリネットでもやっているとき、フルートのメロディーや音型をそのままコピペすれば、そのまま正しく移調された上でクラリネットにコピーされる。
だいぶ前に私がDTMをやっていた頃に使っていたソフトでは、移調した音で入力して行かねばならなかったと記憶する。このため、入力用のMIDIキーボードには細かな設定のできるトランスポーズ機能がついていると便利、ということになり、私がDTMを再開するにあたって、この機能を重視して検討を始めたという経緯もあった。

しかし適当なものが見当たらず、先行して導入し使ってみると、何の移調設定もせずに例えばF管のホルンに入力していくと、そのままF管に移調された状態(音)で入力されていく、ということが分かった。しかも、このキーボード用のドライバも(付属はしているが)不要だとしうことも分かった。
とすれば、自分にとって使い易いものを選ぶたけのことだ。一応、このキーボードにしている。私はデスクトップでPCのキーボード(ややこしいね)の前に置いて使うので、ミニ鍵盤が適している。以前使っていたヤマハのミニ鍵盤のものは大きすぎて邪魔になることもあって、下記のものを導入した直後、直ちに処分した。

というわけで、そこまではいい。というか、すぐに分かったことである。
しかし、大きな課題があった。

クラシック音楽の作曲家の場合、ホルンやトランペットでは調号を表示させずに記譜していることが多い。
例えばC調の曲の場合、普通ならホルンFには♯が1個ついてト調、B♭のトランペットには♯が2個ついてニ調で表記されるべきものだ。しかし、多くの場合、この表示がない。

これをどうするか。

(この稿続く)

2012年10月 1日 (月)

題名のない音楽会 2012年8月26日 ウェスト・サイド物語

VIVA ! バーンスタインというシリーズの6回目。
映画版が公開されてから50年になるということで、「ウェスト・サイド物語」を採り上げた。シ

リーズ6回目にして、ようやく「ウェスト・サイド物語」が採り上げられたことになる。

バーンスタインの娘さんと、バーンスタインの死の直前の15年間マネージャ?としてサポートしてきたグレイグ・アークハートという人が登場。「ウェスト・サイド物語」からの音楽を所々に挟みながら佐渡とトークを進めて行くという構成。

興味深かった話として、このミュージカル、最初は「イーストサイド物語」として構想されていた、ということだった。内容も、プロテスタントとカトリックの抗争がテーマだったとか。
しかし色々な事情で頓挫していた処、プエルトリコからの移民の少年ギャング団と、ニューヨークの少年ギャング団との抗争に変更するということになった由。

私が思うに、プロテスタントとカトリックの抗争というテーマでは、少年ギャング団どうしの抗争(及び、アメリカ領であるプエルトリコからの移民に対する差別)よりも一層テーマとして重すぎ、それこそ色々と支障があったのだろう。

番組内では、この他にグレイグの誕生日にバーンスタインからプレゼントされた曲というのがグレイグ自身のピアノによつて紹介されたり、バーンスタインの娘さんが「佐渡さんの指揮を見ていると、父を思い出します」なんてことを言ったり、なごやかな感じで進んだ。
まあ、父を云々は多分にリップサービスの感じだが。

なごやかなのはいいが、どうしても気に入らない点があった。
「ウェスト・サイド物語」の中からの曲を所々の挟みながら・・・と上に書いたが、これが、管楽器の5重奏による、極めて退屈な演奏だったのである。どういう処のメンバーなのか、紹介もなかったと思う。

いったい、何がしたいのか。ゲストの2人が大物すぎて、ギャラが高くて予算がくなったのか。それとも、管楽器の5人を紹介したかったのか。
オケを雇うための予算が飛んだのであれば、まだピアノで演奏する方がましだ。

さて、「ウェスト・サイド物語」の映画は、もう何度も何度も繰り返して見てきたし、サントラのCDも持っている。

そもそも、LDの時代から、これを見たくてAVシステムを構築した、という人が何人も現にいたし(噂だけでなく、現にそういう人にインタビューしたこともある)、私もそれに倣(なら)って、既に持っていたオーディオシステムを、LDを軸に据えたAVシステムに変えていったものだ。LDが廃(すた)れ、DVD、さらにBDになっていったのは時代の流れというものだ。DVDまではソフトも追いかけた。
BDになってから、まだ私は持っていないが、発売はされているので、並べて紹介しておきたい。

で、何が言いたいかというと、何度も繰り返し見てきたにしては、この番組をボケツと見ながら、音楽そのものではなく、あることに初めて気がついたのである。

ヒロインである女性の、「マリア」という名前である。

欧米では、キリスト教がメインであることも相俟(あいま)って、聖書から採られた名前を子どもにつけることが多い。日本だと発音が同じでも漢字で書き分けたりするが、欧米では、同じ発音は同じまたは類似した書き方をするしかない。
だから、似たような名前が多いという結果となるのだが、それでも「マリア」という名前は象徴的だと思うのである。

英語の本来の名前は「メアリー」または「メリー」と日本語なら表記される名前のはずだ。イギリス王家の女性につけられている名前のメアリー、ビートルズが「レット・イット・ビー」の中で歌っている「マザー・メアリ-・カム・トゥ・ミー」の「メアリ」などがすぐに思い起こされるだろう。

では「マリア」とはどんな由来か。
「メアリー」も同じで、上記の「マザー・メアリ-・カム・トゥ・ミー」の「「マザー・メアリ-」は、文字通り「聖母マリア」である。「マザー」が付いていない場合、聖母マリアと必ずしも関係はないが、ある程度はそれを意識して付けたのだろう。

「メアリー」は、ラテン系の言語では「マリア」となる。
言い替えると、「マリア」は、ラテン系の言語における名前であることを、強烈に示す名前でもあるのだ。即ち、移民のコであるということを。
プエルトリコの公用言語はスペイン語と英語だが、スペイン語がメインだし、「ウェストサイド物語」でプエルトリコからの移民の子たちの言葉は、強烈にスペイン語なまりのある英語だ。

だから、トニーがマリアに出会った直後に歌う「マリア」で、その、母音が多く美しい響きを持つ「マリア」という名前に感動して歌っているのは、同時に、英語圏では新鮮に響くそのことに驚いている、ということでもある。さらには、所詮そこには悲劇的な結末をも暗示していることになるわけだ。

しかし、本来の「ロミオとジュリエットでは、ヒロインもその相手も死んでしまう、という結末だが、「ウェスト・サイド物語」では、ヒロインだけは生き残る。だから幾許(いくばく)かの救いはあるわけだ。

2012年9月20日 (木)

題名のない音楽会 2012年9月16日 出光音楽賞受賞者カ゜ラコンサート

この日の放送は、第22回出光音楽賞受賞者による、ガラコンサート。

リストの「ピアノ協奏曲」を弾いた金子三勇士、マリンバ独奏でセジョルネという人の作曲になる「マリンバと弦楽のための協奏曲」を弾いた塚越慎(のり)子、ラヴェルの「左手のための協奏曲」を弾いた萩原麻未(まみ)の3名が登場。何れの曲も抜粋だったが、3人とも良い演奏だった。
いや、正確に言うと、マリンバの曲については、私は全く知らないし聴いたこともないのでハッキリしたことを評することはできない。しかし、ピアノ協奏曲の二人については、ハッキリと「良い」と断言できる。

もっとハッキリ言うと、左手のためのピアノ協奏曲を弾いた萩原麻未については、「素晴しい」と評したい。
ラヴェルにつては、この曲と、両手のための協奏曲の2曲とも大好きな曲で、そのうちに私の「題名のない音楽館」に記事を掲載する計画があってスコアも入手済みで、その実、全く進んでいないのだが、2曲の中でウェイト付けをするならば、「左手」の方が、より好きだ。なぜか、この記事を書いている時点では「両手」の新品が入手困難みたいだが・・・。

先に好きになったのは「左手」で、若い頃、木村かおり(岩城宏之の奥さんだったことがある人だ)の生演奏で初めて聴いてから、ずっと好きであり続けている。「両手」が好きになったのは比較的最近のことだ。言い替えると、「両手」の良さが分かるまでに、相当な年月を要したことになる。

萩原麻未は、何の番組だったかで、ジュネーブ国際コンクールで、日本人初めてのピアノ部門優勝者として紹介され、そのときの映像としてラヴェルの「左手」だったか、「両手」だったかが、ごく一部、音楽とともに紹介されたとき「ひょっとして凄いのではないか」と感じてから、ずっと聴きたいと思っていたピアニストだ。
たまたまボケッと見ていた(他に、余りにも見る番組がなくて)「らららクラシック」で彼女が登場するというので楽しみに見続けたら最後の方で「月の光」を弾かせて終り、というアホな編成だったので落胆し、改めて「ららら」に対して失望し、NHKの企画者への軽蔑の思いを募らせた後でもあり、一部とは言えそれなりの纏まりで聴かせた、この番組の貴重さが際立つ結果ともなったわけだ。
この「ららら」の顛末は、2012年7月25日(木)の記事に書いた通りだ。

改めてこの記事の日付を見ると、この「ミニ音楽評」の1つ前の記事って、ナナナ・・・この「ららら」をけなした記事ではないか。ちょっと休み過ぎました。よくこのブログを見て頂いている方には申し訳ありませんでした。

一部とは言え、それなりの纏まりで聴かせてくれた「左手」の演奏によって、萩原麻未の才能を確信することができた。これは素晴しい。
そして、曲が進むに連れ、「ああ、やはり『左手』の方が好きだ」との思いを強くした。改めてそう思った。

こうなると早速CDを・・・ となるのだが、まだ出ていないようだ。仕方ないのでウォッチし続けることにして、ここでは私がこれまでリファレンス盤としてきたパスカル・ロジェのピアノ、デュトア指揮による演奏を挙げておく。併せて「伝説の名演」と言われるカサドジュによる演奏を。後者は新品の入手は困難かも知れない。
また前者は「両手」とのカプリングだが、後者についてはよく分からない。

ところで、上記3名の中、三勇士という名前の人がいる。この人だけは、読みづらいかも知れない漢字に振り仮名を付けずにいた。
だから当然のこと、「さんゆうし」なのではないかと思われたことだろう。しかし、実は驚いたことに「みゆじ」と読むのだそうだ。もちろん、music の意味と「勇者(ゆうしゃ)」の意味をダブらせる狙いでつけたものと推察して間違いはないだろう。ダブらせているのがキモだと思う。面白い名付け方があるものだ。

最後に雑学を一つ。このために、この「ミニ音楽評」に新しく「雑学」のカテゴリーを設けたのだ。

少なくとも、私はずっと疑問に思っていたので、同様に疑問に思ってきた方もおられるはず、と勝手に推測するのだが、「ガラ・コンサート」の「ガラ」って何のことか、ということ。何となく雰囲気で分かるし、余り考える必要性を感じなかった方は、もっと多いのではないか。

私より英語力がある方は、先刻ご承知のことだと思う。
改めて英和辞典・・・私が常用しているのは「プログレッシブ英和中辞典」第3版。一応ここには、私が常にペアで使っている「和英」と併せ最新版を紹介しておく。
時代の流れとか比較的新しい言葉の追廃について最も敏感だと私が思い、そして高く評価する辞典だ。

その「英和」第3版によと「ガラ」は gala 。「お祭りの」とか「特別な催しの」といった意味があるようだ。これも、日本語に翻訳してしまうと1つの意味にしか取れなくるのを嫌って英語のまま「ガラ」として使うようになったのだろうか。それとも翻訳を単にサボッただけのことなのか。その辺りの事情は分からない。

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

書評 資料室

Amazonアソシエイト

無料ブログはココログ