最近のトラックバック

« 2015年5月 | トップページ | 2016年4月 »

2015年6月

2015年6月 9日 (火)

題名のない音楽会 2015年6月7日

テーマは「お悩み解決します!~音楽DE生活向上委員会」

注目のアーチスト3組により、3つの悩みを解決すべく即興の作曲と演奏を行って披露するという企画。3つの悩みとは、

  1. 赤ちゃんの泣き声に安らぎを
  2. モノがよく覚えられない
  3. トラウマを克服したい

それぞれの作曲家によって1曲ずつ、計3曲が演奏された後に、一緒になって「こんにちは赤ちゃん」が演奏された。1つめの「悩み」に引っかけたものだ。

出て来た中でギターの押尾コータローは知っていたが、あとの2名は知らなかった。演奏はそれなりに面白かったが、テーマ設定に無理があり、その、テーマと出来た曲の関連付けもコジツケに他ならない。

企画に無理があり、評点3.

尚、高嶋ちさ子が、佐渡と共に感想を言う立場として出演したが、自分で演奏することはなかった。どう使いたいのか、また彼女自身何がしたいのか。

2015年6月 3日 (水)

題名のない音楽会 2015年5月31日

テーマは「大竹しのぶが魂で歌う、エディット・ピアフ」

だいたい、この「魂で」というタイトル。佐渡時代になってからこの番組で時折見かけるような気がするし、音楽番組全体としても使われる機会が多くなっていると思う。
この表現自体、全く好きになれない。
これは、「技術的には劣るけど何とか作品の本質に迫ろうと試みてみました」みたいな表現だと思うのである。

知らなかったのだが、大竹しのぶって、エディット・ピアフが当たり役になっているのだそうだ。

エディット・ピアフが作詞した「バラ色の人生」「愛の賛歌」を1曲目と4曲目に配し、初めて聴く「群衆」と「見ずに流して」の計4曲が披露された。

何れも、意外に聴かせはしたが、如何せん、全て日本語訳。
こけでは、シャンソンとしての曲の価値を致命的に損なうのだ。大竹しのぶには無理か?

そもそも大竹しのぶ、余り好きではない。企画はいいのだが、原詩でやらなかったことを含め、演奏を(演奏者も)全く評価できないので、評点は3.

意外に聴かせる歌唱だったが、

2015年6月 1日 (月)

題名のない音楽会 2015年5月24日

「名曲百選」の第25回として、ブラームスの交響曲第4番が採りあげられた。

ドイツ古典音楽の集大成として書いた、として楽章ごとに次の各点について挙げていた。

  • 第1楽章 ブラームス自身を象徴する音型として、3度の下降音型
  • 第2楽章 ルネッサンスの象徴として、教会旋法であるフリギア旋法の採用
  • 第3楽章 舞曲の象徴
  • 第4楽章 尊敬していたバッハの象徴として、カンタータ第150番のシャコンヌの音型を採り入れ、ブラームスとしてのシャコンヌを構築

まあ、大体知っていることだが、いささか無理があると思ったのは、ドイツ古典音楽の集大成と言いたいがために、ルネッサンス音楽まで含めてしまったことだ。むしろ、温故知新といった、当時の風潮によって・・・といった説明で良かったのではないか。

カンタータ150番は聴いたことがない。かなり持っている方だが、なかった。しかし、そのことは、今回DTM制作のため改めてミニスコアを見たら、ちゃんと説明されていた。

まあしかし、よくぞこうした地味な曲を採りあげたものである。また、全曲演奏したのは第4楽章で、これも良かった。

私がこの曲に接し始めた頃、第1楽章の哀しく寂しげな曲調に惹かれたのだが、それ以降は中々聴く気になれないことが多かった。
しかし、あるとき第4楽章の凄さに気付き、ブルックナーなどとは違った意味で、巨大な曲だと分かったのである。
それを、この番組で第4楽章の全曲を演奏したというのは、中々のセンスだ。

番組内では他に、エジソンが、発明直後の蝋管蓄音機を携えてブラームスの処に立ち寄り、ブラームスも大いに喜んだというエピソードが紹介された。これは知らなかった。

企画良し、解説良しで評点5。

DTMで制作した、第1楽章冒頭19小節分と、第4楽章冒頭40小節分である。
第4楽章は、主題と第4変奏までにあたる。第3変奏まではパッサカリア主題が割と聴き取れるが、第4変奏(弦が悲愴感に満ちた主題を奏でる箇所)となると明確ではなくなって行く。

また、CDは私がよく聴いていたワルター盤を挙げておく。

« 2015年5月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

書評 資料室

Amazonアソシエイト

無料ブログはココログ