最近のトラックバック

« ホームページ「題なし」の表示修正を完了しました 続き | トップページ | 題名のない音楽会 2015年1月18日 »

2015年1月13日 (火)

題名のない音楽会 2015年1月11日 祈りから生まれた劇場

2015年第1回の「題名のない音楽会」は、ことし阪神淡路大震災から20年めを迎えることに関連し、首記のテーマで兵庫芸術文化センターと、兵庫芸術文化センター管弦楽団(以下PACと略記)を採りあげた。

ひょっとして・・・と思って見ていたら、やはりひょっとした。
ここのゼネラルマネージャーの林氏が登場したのだ。
余りオモテには出てこなかった人だ。私が記憶する限りでは、通算2回ではないだろうか。

彼は朝日放送からザ・シンフォニーホールに移り、そこで国内外から演奏家を集めて演奏会をプロデュースしていた。
その後、阪神大震災を経て、復興記念事業として設立された兵庫芸術文化センターに移り、事務局長として、佐渡裕とともにPACを育てて行った人物なのである。

番組でも余りこのことには触れていなかったし、この番組のページでもゲスト扱いしていないのだが、私がこのことを知っているのは、彼が中学・高校を通じた同級生だからである。
単に同じ学年にいたというレベルではなく、吹奏楽部と音楽研究会で一緒に過ごし、年賀状を今でもやりとりし、つい3年ほど前のことだが、私がどうしても思い出として探して欲しかったソフトを、かなりの手数をかけて探してくれたりする位の関係だ。

佐渡の要望だとかで1曲だけ、「天国と地獄 序曲」のギャロップ部だけを指揮したが、中々のものだった。よくこうした人が振ると、オケが勝手に演奏したりするものたが、ちゃんと総譜を見ながら振っていたし、確かに指揮になっていた。
ゲストの安藤忠雄も佐渡も絶賛したのだが、私にすれば上記のキャリアを知っているからこそ、ある意味では当然だとも思った。

私は実際に指揮する機会などないだろうからDTMで鳴らすが、この部分である。

http://tkdainashi.music.coocan.jp/offeenbach/orphee%20aux%20enfers%20galop.mp3

当時、吹奏楽部と音楽研究会でも一緒だった同級生の中で、彼は本当に音楽の場をつくる仕事についたわけだ。
も1人挙げると、大学から企業人となっても楽器を続け、最近アマのオケとは言え、母校の大学のオケにゲストとして演奏しに行っているという男がいる。

私はDTMに行きついたわけである。

もう1曲、佐渡が「未完成」の第2楽章を演奏したが、その始めの部分をDTMで。

http://tkdainashi.music.coocan.jp/schubert/symphonie_unvollendet_2ndMvt.mp3

番組内容も曲目も良く、評点は5点。

« ホームページ「題なし」の表示修正を完了しました 続き | トップページ | 題名のない音楽会 2015年1月18日 »

音楽番組」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 題名のない音楽会 2015年1月11日 祈りから生まれた劇場:

« ホームページ「題なし」の表示修正を完了しました 続き | トップページ | 題名のない音楽会 2015年1月18日 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

書評 資料室

Amazonアソシエイト

無料ブログはココログ