最近のトラックバック

« 休載経緯ご報告(6) 移調楽器 補足 | トップページ | クラシック倶楽部 伊藤恵&ヤング・ミュージシャンズ »

2014年3月30日 (日)

題名のない音楽会 2014年3月30日 春休み 視聴者リクエスト ベスト10

まあ、年度末の手抜き企画ですな。

タイトル通りの内容で、10位から発表していくもので、それでも、10位に伊福部昭の回が出てきたときは、「オッ」と身を乗り出したのだ。ひょっとすると、期待していいのか?

しかし、その期待は、9位の発表で、すぐに裏切られることとなった。ジミー・ペイジを採りあげた回がランクインしたので。
この回は、私が、佐渡裕がMCとなって以降、初めて録画保存しない決断をした回だった。

この「題名のない音楽会」に対する批評。色々な事情や、率直に言って私の怠慢もあり、ずっと書かないで過ごしてきたが、それでもいつかは記事化しようと思って、視聴しながらメモを取る、ということを続けている。それも、もう唯一のものとなってしまっているのだが・・・。
で、ジミー・ペイジを採りあげた回について余りにも失望の度合いが大きく、5点満点とすると0点だナと考え、この際、5点満点点数と、一言だけ書く程度にすませて良い回もあるナと思い至り、全面的に採用して行こうと決めた、そのキッカケとなった回なのである。

その点で、今回の番組については、3点。

で、ベスト10の話だが、1点しかつけられない回の分が2つランクインしていた。1つは「おじさんコーラス大集合」で8位。
そして何と第1位となったのが「東北から響け あさ9時だヨ 全員集合」ときたもんだ。

おかしいでしょ、これ。

私なら絶対入れるのが、庄司紗矢香とBBCフィルが共演した回。そして、平原綾香がホルストの活動した地を訪問した回。また、クラシックソムリエ選手権の回でもいい。

そもそも、この番組って、クラシック音楽の番組でしょ? 少なくとも、クラシックに主軸を置いた番組のはずでしょ? 本当にこのランキングが視聴者の投票によるものとだとしても、軌道修正をしてもっと違う回のものを入れるとか、さらに言えば、余りにもクラシックから外れた内容の企画なんて、通さないのが見識というものでしょ?

って思って飛ばし飛ばし見ていたら、最後に「これからも、あらゆるジャンルの音楽を聴いて頂きます・・・」などとホザきおった。
ダメだ、これは。

結構多くの人が書いているのだが、やはり黛敏郎が亡くなった時点で、「題名のない音楽会」という番組は、終わったのかも知れない。
でも、迷走のあげく元の「題名のない音楽会」という名前に戻ったとき、大いに期待したのだけどねえ。

そして、その期待に違わず、かなりいい企画の回があることも事実なのである。
である限り、この番組に対する批評は続けて行くつもりである。

« 休載経緯ご報告(6) 移調楽器 補足 | トップページ | クラシック倶楽部 伊藤恵&ヤング・ミュージシャンズ »

作曲家、演奏家」カテゴリの記事

作品」カテゴリの記事

音楽番組」カテゴリの記事

トラックバック

« 休載経緯ご報告(6) 移調楽器 補足 | トップページ | クラシック倶楽部 伊藤恵&ヤング・ミュージシャンズ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

書評 資料室

Amazonアソシエイト

無料ブログはココログ