最近のトラックバック

« 寒くなってきました こんな曲はいかが? | トップページ | 休載経緯ご報告(2) 「題なし音蔵館」収蔵音源改訂のポイント »

2014年3月17日 (月)

休載経緯ご報告(1) 「題なし音蔵館」改訂完了しました

昨年11月8日の記事を最後に長い休載となりました。
その前から、「題なし音蔵館」に収録しているDTMの改訂を進めていて、休載開始日から数えても4ヵ月以上かかってしまいました。

とくに、今年に入ってからは、「今週の終わりには、完了の『祝杯』をあげたい。いや、あげられるのではないか」と何度思ったか分かりません。
ようやく、昨日3月16日にようやく、改訂が完了し祝杯をあげることができました。

最初は、今後ますます多くの方にお立ち寄り頂くようにしたいと思い、その際に上記「音蔵館」にお越し頂くにあたり、余りにも出来が悪いものをお聞かせするのも気が引ける感じがあったもので、既にアップしてあった曲の改訂だけを進める予定でした。

ところが、進めて行くうちに、この曲はもっと演奏範囲を広げたい、ここの音はもっと大きくしたい、この曲が載っているのだから、この曲も載せたい・・・と色々やりたいことが拡がって行き、新規の掲載曲も作りながら同時に改訂も進める、といったやり方になったので、思いの他時間を要してしまったのです。

まだもう少し載せたい曲もあり、また何よりもまだまだ完成度が低いものもありますが、ある意味キリがないので、一旦ここで改訂完了としたわけです。

このページから上記「音蔵館」に行けるようにしていますが、そのガイドもかねて、幾つかの改訂または新規曲をこのページでもご披露していくことにします。

まず本日は新規の「ニムロッド」から。「ミニ書評のページ」で常推薦としている「女神のタクト」で、ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番とともに、キーとなる音楽として採りあげられている曲です。エルガーの「エニグマ変奏曲」の中の第9変奏曲にあたりますが、単独演奏されることも多く、最近なぜか鎮魂の曲として演奏されることもあります。
かく申す私も、この変奏曲全体を聴き通すことは殆どありませんが、「この女神のタクト」によって注目して以降、この「ニムロッド」のみを聴くことが増え、遂にDTMでも入力することとなったのです。

http://tkdainashi.music.coocan.jp/elgar/enigma_variations_nimrod.mp3

« 寒くなってきました こんな曲はいかが? | トップページ | 休載経緯ご報告(2) 「題なし音蔵館」収蔵音源改訂のポイント »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「題なし」からのお知らせ」カテゴリの記事

「題なし」の雑感」カテゴリの記事

DTM」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 休載経緯ご報告(1) 「題なし音蔵館」改訂完了しました:

« 寒くなってきました こんな曲はいかが? | トップページ | 休載経緯ご報告(2) 「題なし音蔵館」収蔵音源改訂のポイント »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

書評 資料室

Amazonアソシエイト

無料ブログはココログ