最近のトラックバック

« 「くるみ割り人形」の組曲、完成しました | トップページ | カセットやレコードを整理していて再発見(10) カナダからの手紙 »

2013年10月30日 (水)

「くるみ割り人形」の組曲 完成しました・・・の続き

DTM(デスクトップ・ミュージック)という分野に入ったのは、もう時効だと思うのでここに書くのだが、仕事上、ミュージックシーケンサーに関係する商品開発に従事していたことがあり、その仕事を通じて、この分野を知ったことがキッカケだった。
開発中の機材で鳴らしてみるため、色々な曲を我流で編曲しては使用した。データを打ち込むことによって音楽を鳴らすということを繰り返すうちに、その面白しさにのめり込んで行った。

結局それは商品化に至らなかったのだが、時は離れ、パソコンを始めた直後、かつて取り組んでいた分野が、DTMと称してPCにおける趣味の一分野となっていることを知り、当時ヤマハから発売されていた「ハロー・ミュージック」を、ほぼ衝動買いした。
その付属テキストで、入力練習用として示されていたのが、「花のワルツ」だったのである。

処が、それは曲のホンの一部であり、到底満足の行くものではなかった。
それで、当時既に持っていたミニチュアスコアを参照し、この曲を入れるための教則本的なものも入手し、「花のワルツ」全曲入力に挑戦することとし、何とか完成に至った。

すると、更に意欲が湧き、この組曲全曲の入力、さらにベートーヴェンの3番の全曲・・・というように、次々にデータ入力を完成していくこととなった。

処が、「ハローミュージック」に付属していたソフトには、程なく限界を感じるようになっていった。当時としてはわく出来ていたのかも知れないが、音量の調整が難しく、音楽用語による指定もできない。記憶によると、コピペも自由には出来なかったはずだ。
そして、付属していた音源も、とくに弦の音には大いに不満だった。
音源もソフトもアップグレード版を購入したが、殆ど使うことなく、放置してしまった。

引越があり、そのゴタゴタの中で、入力してあったMIDIデータも、どこかに行ってしまった。

さらに何年か経ち、「題名のない音楽館」内に、説明用の譜例を掲載したいと思うようになり、写譜ペンとか音楽記号用のフォントとか試しているうちに、Finale Note Padというソフトに行き当たり、どうせならちゃんと音楽として鳴らしたいと思うようになりPrint Musicというソフトを導入。やがて、これにも総譜の段数の制限などがあり不満を持ち始めていたとき、Finaleによるデモ音をウェブで聴く機会があり、これの導入に踏み切ったのだ。

当初は主として「題名のない音楽館」内の記事用に作成していたのだが、やがてそれ自体が面白くなっていって、関連する記事を書く当てもないままにデータが増えていった。
このため、「題名のない音楽館」の別館として「題なし 音蔵館」をオープンするに至ったのである。

ところで、私の「題名のない音楽館」というのは、「題名のない音楽会」をもじったもので、著作権的にはちょっと弱いかも知れない。しかしあくまでも私はオマージュのつもりだし、「題名のない」自体に著作権はないと考えている。
さらに、そもそも、PCもインターネットもない時代から・・・具体的には黛敏郎が司会していた時代の最初からこれを見てきたし、ある年代以降は録画・保存していて、DVD化するにあたって殆ど全てを観直した。
そして、まだカセットテープというものが出回っていなかった時代、当時3号と言ったオープンリールテープの時代に、友人同士回覧して聞き合う「番組」として、私は「題名のないレコードコンサート」を番組名としていた。

そこでは、雑感も多かったが、自分なりに解釈し、考え、聴き込んでいった、「音楽に関する考え、楽しみ」なども多く採りあげた。

社会人となってからも、聴いてくれる相手はいなくなってしまったが、誰に聴かせる当てもないのに、カセットにこれを数回作成して残していた。
これはやがて、面白がって聴いてくれる相手に恵まれることとなり(嫁さんです)、作成していた甲斐があった・・・ということになる。

そして、クルマで聴くのもカセットではなくCDという時代となり、やがて殆ど聴くこともなくなった。

処が、カセットをCD化するにあたり、ずっと聴いていると、これはまさに、現在進行中の「題名のない音楽館」と全くコンセプトが同じだ、ということに改めて気付くこととなった。
そして、「題名のないレコードコンサート」の時代には曲の著作権も何もあったものではなかったし、そもそもカセットになってからは個人的に楽しむだけのものとなっていたのだが、ウェブに掲載するとなるとそうは行かない。そこで、DTMで説明するということになる。

つまり、ここに至って、「題名のない音楽館」というページと、そこに掲載する説明用のDTMということで、一旦別々の趣味であったものが統合・融合されたことになる。
これに気付いたときは、本当に嬉しかった。
そして、その分家または弟分として、この「ミニ音楽評」があるわけだ。

というわけで、今後もなるべく途切れないように記事を書いて行きたいと思います。今後ともよろしくお願いします。

長くなったが、蛇足。
私の「題名のない音楽館」のリード文に「バッハから倉木麻衣まで」とあるが、これも「題名のない音楽会」へのオマージュの一つ。
黛敏郎時代の「題名のない音楽会」のコンセプトとして、「バッハから浪曲まで」ということが公言されていた。それへのオマージュとして、私は「題名のないレコードコンサート」のリードとして「バッハから歌謡曲まで」を称し、やがて「バッハから山口百惠まで」となり、マ倉木麻衣が出てくるにあたり「バッハから倉木麻衣まで」とした。

むしろこのコンセプト。今となっては現在の「題名のない音楽会」には欠けているものとなってはいまいか。

« 「くるみ割り人形」の組曲、完成しました | トップページ | カセットやレコードを整理していて再発見(10) カナダからの手紙 »

作品」カテゴリの記事

音楽番組」カテゴリの記事

「題なし」の雑感」カテゴリの記事

DTM」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「くるみ割り人形」の組曲 完成しました・・・の続き:

« 「くるみ割り人形」の組曲、完成しました | トップページ | カセットやレコードを整理していて再発見(10) カナダからの手紙 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

書評 資料室

Amazonアソシエイト

無料ブログはココログ