最近のトラックバック

« 題名のない音楽会 2012年11月11日 未来の大器リターンズ | トップページ | ららら♪クラシック 時間短縮正解 但し・・・ »

2012年11月25日 (日)

東日本大震災のためのチャリティーコンサート

2012年1月29日にBSPで放送されたもので、公演は2011年5月30日、ベルリンフィル室内ホール。

今年2012年も終りに近づきつつあるこんな時期に、番組を見聞きしながらメモを取っていた放送の中から、どうしても破棄するに忍びない内容のものを選んで「落ち穂拾い」をしよう・・・と決めたのは、ひとえに、このチャリティーコンサートについて書きたかったためである。

素晴しいコンサートだった。
樫本大進が呼びかけて実現したそうで、ピアノがアルゲリッチとゴラン、チェロが趙とマイスキー、ビオラがグロス、ヴァイオリンが樫本の他にブラウンシュタイン。彼らがそれぞれ組み合わさってピアノ曲と室内楽を演奏。
私はアルゲリッチとマイスキーそして勿論樫本の3人しか、正直言ってよく知らない。でも、顔を見れば何となく分かる。ベルリンフィルのコンサート録画などで見たことがあるメンバーだ。
普段から多忙に違いない彼らが、大震災支援のためのチャリティーコンサートに参集したという意義は量り知れないものであり、歴史に残るコンサートになったと考える。

何よりも、アルゲリッチとマイスキーが参加したというだけで、このコンサートの価値が大いに高まったと言えるたせろう。

曲目は「赤とんぼ」(歌詞の英訳読み上げ付き)、モーツァルトの「四手のためのピアノソナタK.381」、シューベルトの「ノットゥルノ D.897」、ショスタコーヴィチの「ピアノ三重奏曲第2番」、ドヴォルザークの「2つのヴァイオリンとヴィオラのための弦楽三重奏曲」、そしてシューマンの「ピアノ五重奏曲」であった。

ピアノ曲とヴァイオリン曲を除き、室内楽というジャンルは、私にとって余り親しいジャンルではない。余りよく聴くジャンルではない。シューベルトの曲とドヴォルザークの曲は初めて聴いたはずだ。

そんな、余り聴き込んでいない分野ではあるが、このコンサートのベストを敢えて挙げると、ショスタコーヴィチとシューマンに軍配が挙がるだろう。

シューマンについては文句の付けようがない。何しろ、アルゲリッチのピアノ、樫本とブラウンシュタインのVn、グロスのVa、マイスキーのVcだ。
昔ならいざ知らず、レコード会社というのがパワーを失ってきた現在、レコード会社が企画しても、これだけのメンバーを集めることはできないだろう。
シューマンの音楽に共通な、「音の分厚さ」が目立ちもするが、メロディーの美しさが勝っていて、聴きながら何度も「ああ、何ていい曲なんだ」と思ったものだ。ただ、これはこの5人によって演奏されたからかも知れない。

一方、ショスタコーヴィチについては些か違和感を覚えた。こうした場で採り上げたことに関する点と、演奏の点、両方である。

まず、ショスタコーヴィチのこの作品であるが、私はショスタコーヴィチ版「偉大な芸術家の思い出」だと解していて、実際、友人の死に際して作曲されたという点てせ、明確に共通するものか゜ある。
しかし、悲しみの表現としてきつ過ぎるものを持っている点で、この場でどうだったかと思ったのだ。第1楽章と第3楽章はとくに、尋常ではない悲しみだと思う。(この曲に関する記事を「題名のない音楽館」内に「ショスタコーヴィチ作曲 ピアノ三重奏曲」としてアップしているのでご参照)

にも関わらず、今回の演奏には物足りないものを感じた。悲しみの度合いが少ない。だから結果オーライなのかも知れないが、、上記の記事で紹介したアルゲリッチ、クレーメル、マイスキーによる演奏に聴くことができる凄みには到底及ばない。

それにしても、アルゲリッチという人の親日家ぶりはスゴイ。そう思ったのは、既に宮崎(別府)で彼女の名前を冠した音楽祭を実施し続けているし、今回のコンサートの他、震災支援のためのチャリティーとしてCDも出したというのを知ったからである。
正確に言うと、もともとショパンとシューマンの生誕200年と、アルゲリッチ来日40周年、そして来年の70歳を記念して発売を予定したいたものを、震災を受けて急遽チャリティーCDとしたものだとのことだ。
私は食指が動きながら経済的に余裕がなく購入に至っていないが、是非とも手に取って欲しい。

そうかあ、もう40年になるのか・・・。
日本に初めてデビューしたときのテレビ放送(白黒)の頃のことを思うと、これほど彼女が日本人にとって近しい存在になるとは夢にも思わなかった。本当に嬉しいことだ。
最初にテレビで見たときの思い出を含め、「題名のない音楽館」内に、「アルゲリッチのショパン(3)」という記事を挙げてあるのでご参考まで。

そして、震災のためとは言え、樫本大進が呼びかけて実現したということから、幅広い人脈を持っていると推察される彼のことを、大いに誇りにしたいと思う。

« 題名のない音楽会 2012年11月11日 未来の大器リターンズ | トップページ | ららら♪クラシック 時間短縮正解 但し・・・ »

作曲家、演奏家」カテゴリの記事

作品」カテゴリの記事

音楽番組」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災のためのチャリティーコンサート:

« 題名のない音楽会 2012年11月11日 未来の大器リターンズ | トップページ | ららら♪クラシック 時間短縮正解 但し・・・ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

書評 資料室

Amazonアソシエイト

無料ブログはココログ