最近のトラックバック

« 題名のない音楽会 2012年10月21日 大阪市音楽団(2) | トップページ | DTM入力用キーボードを導入 続き »

2012年11月12日 (月)

DTM入力用にキーボードを導入

私のサイトの一つに、「題なし 音蔵館」というのがあり、気の趣くままに作成したDTM音源を掲載しているのだが、この音源、finaleを使い、マウス入力だけで、これまでは作成してきた。

マウス入力でも、慣れてくると結構早いスピードで入力することができる。それに、もともと音楽評論の「譜例」とともに、または「譜例」とは別に、説明用・・・こんな音楽だということを思い出して頂くための・・・として作成することが主眼だったこともあり、短めに切って作成してきたものだから、マウス入力で十分だとも思っていたのである。

処が、次の2点の理由から、どうしても入力用キーボードが欲しくなった。

  1. まず、移調楽器の設定で、どうしてもうまく行かない調があること。finaleには移調楽器を設定する機能が備わっている。主要な移調楽器については、デフォルトで用意されている。処が、E調とかB調(B♭ではない)といった、♯の多い調の楽器・・・とくにそれが変ニ長調など♭の多い曲で使うとき・・・で、どうしても巧く行かない(音が合わない)ことが多かった。これが気になり出したこと。だから、トランスポーズ機能を必須と考えた。
  2. そして、ピアノ曲だと入力する行数も少ないし、キーボードを使うのがむしろ合理的かも、と考えたこと。

①について、実は私のDTM歴はMACを始めて自宅用のパソコンとして導入した頃に遡る。この辺りのことは、「私とMAC」という記事に書いた。そのときには、DTM用としてすぐにヤマハのMIDI入力キーボードを導入したものである。CBX-K1という機種だった。

これを、これまでに捨てていなかったとしたら、何とか再活用したいと思った。
で、残っていたのだが、当時はMIDI端子だけでUSBなんてものはなかったので、MIDI出力をUSBに変える変換コードを導入。これで一応つながり、動作もした。

あと、電源は電池駆動が基本で、電池代をかけるのがイヤならACアダプタという仕様。ところがこのACアダプタが見あたらない。で、念のためと思ってウェブで探したら、ちゃんと売っていたのだ。これは驚いた。ネットで、こんなものも買えるのだ。
CBX-K1は生産を終了しているので、それ用のACアダプタを「こんなもの」と表現したわけだ。

処が、満を持して入力を始めたとき、移調楽器がうまく入力できない。
やっているうちに、とんでもない勘違いをしていたことに気がついた。

MACでDTMを始めたとき、ハロー・ミュージックというヤマハのセットだったのだが、付属のシークェンサ・ソフト=楽譜入力ソフトには、楽器ごとに異なる調を設定する機能がなかったのだった。移調楽器を段ごと(個々の楽器ごと)に設定する機能がなかった。だから、移調楽器をハ調で読み替えながら、入力用キーボード側でトランスポーズ機能によって調性を決めて入力する、という手順を使ったのである。

最近DTMを再開し、たまたまfinaleに辿り着いたのだが、これの下位版のPrintMusicを使い始めたとき、段ごとに移調楽器の設定ができることに驚き、感激した。そのことは、リファレンス本に私が自分で書き込んだ゛落書きにハッキリ書いていた。

結局、finaleであれ、PrintMusicであれ、入力用画面の段ごとに(楽器ごとに)移調設定ができてしまうので、入力用キーボード側で設定する必要はないほわけだ。入力用キーボード側で移調設定すると、入力画面側と二重に移調してしまうことになり、音が合わないというわけだ。

だから、トランスポーズ機能は不要だということになる。私のような使い方であれば。

②だが、こんな曲を入力するには、とくに効率的だと考えた。三連符が延々と続くのと、分散和音が多いので、独学だがピアノを少し叩いた経験もある私としては、勉強にもなるわけだ。例示したのは、シューベルトの、即興曲第2番である。

http://tkdainashi.music.coocan.jp/schubert/impromptus_No2.mp3

やってみて、別の効用もあることを知った。
和音入力が容易だということである。構成音を同時に押せばいい。これぎかりは、マウス入力だとまず不可能だ。

そして、入力用キーボードだが、ヤマハのCBX-K1を折角使えるようにしたのだが、奥行きもあり、コードがゴチャゴチャしてすぐにイヤになった。

迷った末、コルグのmicroKEYの37鍵版を導入した。

これが大正解。奥行きが小さく、PC用のキーボードと並べて置いても場所を取らない。
キーボードはミニ鍵盤だが、白鍵と黒鍵の横幅比率に秘密があるらしく、和音なども結構押しやすい。同じ仕様で61鍵モデルもあるので、好みと用途に応じて選んだらいいだろう。(実は私も61鍵モデルが欲しくなり始めていて困っている。尚、コルグのこのシリーズには、49鍵モデルはない)

« 題名のない音楽会 2012年10月21日 大阪市音楽団(2) | トップページ | DTM入力用キーボードを導入 続き »

作曲家、演奏家」カテゴリの記事

作品」カテゴリの記事

DTM」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DTM入力用にキーボードを導入:

« 題名のない音楽会 2012年10月21日 大阪市音楽団(2) | トップページ | DTM入力用キーボードを導入 続き »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

書評 資料室

Amazonアソシエイト

無料ブログはココログ