最近のトラックバック

« 名曲探偵アマデウス 2012年2月29日 モルダウ | トップページ | 題名のない音楽会 2012年4月22日 佐渡とシエナのビートルズ »

2012年4月21日 (土)

佐渡とシエナ 吹奏楽とロックのDEEPな関係

佐渡裕は、中学時代にロックにハマッたそうで、そのときによく演奏したのがディープパープルだとのこと。その関係で、ディープ・パープルをシエナ・ウィンド・オーケストラで演奏しようというもの。

私はディープ・パープル、殆ど聴いたことがない。それもそのはずで、彼らが活躍し始めた1970年代初頭というと、国内のフォークブームがあり、歌謡曲も全盛だった。尚かつ私のメインはやはりクラシックだったので、自ずと聴く機会も少なかったわけだ。

何曲か演奏された中で、唯一知っていたのはスモーク・オン・ザ・ウォーター。それもギターのリフの部分だけだった。これはよくCMなどにも使われたと記憶する。

だから、出てきたそれぞれの曲に関する批評は、差し控える。

ただ、聴きながら違和感を持った点があった。何かが違うのだ。
聴き進んでいるうちに、シエナのメンバーが体を揺すっているのだが、ゆすり方がおかしいのだ、と思った。

後打ちでなく、アタマ打ちのリズムで、体を揺すっている場合が多いのだ。多分、それは合っているはずだ。現に、デーモン小暮が歌ったとき、ちゃんと後打ちのリズムに乗った体の動きだったから。

違和感を覚えたもう1つの理由は、やはりサウンドの問題だろう。エレキギターの音が入らないと、ロックの気分がしないのである。ブラスバンドだけで、ロックの気分を出すのは難しいのではないだろうか。

また、「名曲はジャンルの壁を超える」といったコメントを佐渡が言った。確かにそうなのだが、今回鳴らされたのが「名曲」に相当するのか、甚だ疑問だ。ディープパープルのメンバーには、クラシックをちゃんと勉強した人もいるとのことだったが、それと、曲の善し悪しは別だ。

その点、ビートルズはやはり別格なのだ。来週はビートルズをシエナで演奏するという予告があったので、楽しみだ。しかし、どこまで成功するだろうか。
少なくとも今回のは、失敗企画だと考える。

また、ロックを超えたジャンル・・・と言うと、ビートルズの後期の曲もさることながら、私ならピンク・フロイドの初期盤を思い起こす。下に初期の代表作を2枚挙げておくが、この中の「炎-あなたがここにいてほしい(ウィッシュ・ユー・アー・ヒア)」というアルバムの最初の曲には、初めて聴いたとき、とにかく衝撃を受けたものだ。

« 名曲探偵アマデウス 2012年2月29日 モルダウ | トップページ | 題名のない音楽会 2012年4月22日 佐渡とシエナのビートルズ »

作曲家、演奏家」カテゴリの記事

作品」カテゴリの記事

音楽番組」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐渡とシエナ 吹奏楽とロックのDEEPな関係:

« 名曲探偵アマデウス 2012年2月29日 モルダウ | トップページ | 題名のない音楽会 2012年4月22日 佐渡とシエナのビートルズ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

書評 資料室

Amazonアソシエイト

無料ブログはココログ