最近のトラックバック

« 題名のない音楽会 2012年2月19日 イベール 嬉遊曲 | トップページ | N響アワー 最後の2回 最終回スペシャル 見ないで批評 »

2012年3月23日 (金)

大フィルへの交付金カットに抵抗するには、聴衆の力を結集しよう

大フィルへの、大阪府・大阪市からの交付金カットの件、N響アワー廃止の件とともに何度も書いてきて、書くたびにハラが立って仕方ないので、もうやめるつもりでいた。

しかし、結局我々のできることは、コンサートにできるだけ出かけて、チケットの売り上げに資する他はない・・・という当たり前すぎるとも言えることを改めて気付かされたページがあったのでご紹介しておきたい。

大阪のオーケストラ応援企画」というページである。その管理人様からメールでご要請があったのだ。
確かに、それしかないのも現実だろう。政治力も財力もない市井の者としては。

政治力または財力を持つ有力な人、もし我々と同様なページをご覧であれば・・・そして我々の発言が、少なくとも、JIROさんのページにある「単なる音楽好きの言い分で、そんなことを発言する連中はクズ」だと言う下品かつ無価値な戯言よりも意味のあるものと考えて頂けるのであれば、是非ともお力添えを。

私が最も心配しているのは、パナソニックやシャープといった大手家電メーカーが揃いも揃って赤字転落したことだ。会社自体が存亡の危機にある時期で、メソナなんてやっている場合ではない、と判断しかねない。
もちろん、会社を潰してまでメソナをやることはない。でも、何れもV字回復を図っておられるものと推察する。パンフレットの最後に記載されている、これらの会社の名前がなくなってしまうことがあったら、長い目で見て大きな損失だろう。逆に、援助を続けることにより、ますますイメージアップに資するはずだ。
聴衆の殆どが・・・大阪ということもあって・・・パナソニックやシャープの「お客様」でもあるのだし、協賛会社名簿に関心を持つ人だって、私以外にも多数おられるのではないだろうか。

改めて、「大阪のオーケストラ応援企画」さんのページをご覧頂きたい。JIROさんのページでも紹介されている。

尚、助成金カットに関する論議はされないそうなので、それは私のページをはじめ、他の、もっと素晴しいログ作者の皆さんとどうぞ。

« 題名のない音楽会 2012年2月19日 イベール 嬉遊曲 | トップページ | N響アワー 最後の2回 最終回スペシャル 見ないで批評 »

「題なし」からのお知らせ」カテゴリの記事

「題なし」の雑感」カテゴリの記事

作曲家、演奏家」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533778/54288099

この記事へのトラックバック一覧です: 大フィルへの交付金カットに抵抗するには、聴衆の力を結集しよう:

« 題名のない音楽会 2012年2月19日 イベール 嬉遊曲 | トップページ | N響アワー 最後の2回 最終回スペシャル 見ないで批評 »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

書評 資料室

Amazonアソシエイト

無料ブログはココログ