最近のトラックバック

« N響 第1714回定期 マーラー4番 他 | トップページ | 名曲探偵アマデウス 2012年2月22日 フランク ヴァイオリンソナタ »

2012年2月23日 (木)

「N響アワー廃止」についての2回目の問い合せに対するNHKの回答

本件に関し2回目の問い合せをした旨、2月21日付けの記事に書き、内容も紹介した。
意外と早めに回答が来た。送信した翌日だったと思う。
ページを行き来するのはお手数と思うし、NHKの回答についてどう思われるか考えて頂きたいという主旨もあり、併せて紹介したい。

以下、問い合せした内容。

-------------------------

NHの廃止」について、再度お尋ね

過日本件に関する問い合せに対して回答メールを頂きましたが、分からないので改めて次の3点、回答願い度。

尚、過日のご回答は、何人もの方がほぼ同文のものを受領されたことが既に分かっています。機械的に処理されたとしか考えられない。そのようなことのない回答をお願いします。

1.     ニーズの多様化云々

仮に「是」だとして、それならば予定中の番組を、別枠で増設するのがスジ。貴局なら増設枠など幾らでもありそうな処、「NH廃止」選択の理由は?

2.クラシック寄りの音楽番組で、素人のMCを据える理由は

こうした番組は、作曲家や指揮者など、音楽全体を見渡せるプロが、専門的な見地から話してくれる「解説」がキモ。素人の「解説?」など何の参考にもならない。

3.新番組の視聴者ターゲットはどんな人を想定?

なぜ、これによって「裾野」が拡大すると見込むのかについても、併せて。

それに対するNHKからの回答。宛先が実名のため削除するが、あとは原文のままである。

-----------------------

いつもNHKの番組やニュースをご視聴いただき、ありがとうございます。
お問い合わせの件についてご連絡いたします。

ご指摘のとおり専門的な見地からの解説は大切で、司会には作曲家の加羽沢美濃さんをお迎えしています。
また、演奏家をはじめとした音楽家にも随時スタジオにおいでいただき解説してもらいます。
ターゲットについてですが、クラシックファンに納得いただく内容で、しかもクラシックビギナーの方にも分りやすい番組を目指しています。
番組に対するご指摘をどうもありがとうございます。
別枠で増設とのご指摘も頂戴しましたが、現状では「N響アワー」をリニューアルして満足いただける番組となるよう準備をすすめています。

今後とも、NHKをご支援いただきますようお願いいたします。
お便りありがとうございました。

NHKふれあいセンター(放送)

-------------------

率直に言って回答になっていません。論点がズレていたり、MCとして加羽沢美濃をイキナリ前面に出したり、N響アワーのリニューアルだなんて称してみたり、番宣とは違うニュアンスを出したりしている。
この回答で納得することはありませんが、今後の攻め方が難しいナと感じています。
他の「廃止反対」の皆様の様子も窺いながら、今後の対応を決める予定です。

現実には、見たくないけどその新番組を1回は見てやって(「もらっといてやる」発言で物議をかました、無礼千万な作家のまね?)、見た直後から抗議メールを送りつける、ということだろうか。

もうNHKとしては規定路線だから、「廃止」の撤回はないでしょうね。

« N響 第1714回定期 マーラー4番 他 | トップページ | 名曲探偵アマデウス 2012年2月22日 フランク ヴァイオリンソナタ »

文化・芸術」カテゴリの記事

音楽番組」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「N響アワー廃止」についての2回目の問い合せに対するNHKの回答:

« N響 第1714回定期 マーラー4番 他 | トップページ | 名曲探偵アマデウス 2012年2月22日 フランク ヴァイオリンソナタ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

書評 資料室

Amazonアソシエイト

無料ブログはココログ