最近のトラックバック

« マーラーをDTMで鳴らす (6) | トップページ | マーラーをDTMで鳴らす (8) »

2011年11月 3日 (木)

マーラーをDTMで鳴らす (7)

(前稿からの続き)

ようやく、当初考えていたのと、やっているうちに追加したくなったのとを合せて演奏例のファイルが完成し、アップしようとしたら、サーバから撥(は)ねられてしまった。
全く予想していなかったわけではない。かなり大きなサイズのファイルになっていることは分かっていたから。

そこで、使用権限のあるサーバの容量を見ると、100Mしかない。300Mを使えるコースが用意されていたので、早速契約して更新した。
それでも、全く受け付けない。
いよいよ、レンタルサーバなど準備せねばならないか・・・と思って調べていると、そもそもの間違いを知ることとなった。

finaleでは、オーディオファイルへの書き出しが、wav形式とmp3形式で行うことができる。
初期の段階でやってみた結果、どちらでも同程度のサイズだったので、wavの方が一般的だろうと考え、それで作成していた。

ところが、別にfinaleで作成し書き出したmp3ファイル自体が、嫁さんのPCで鳴らず、不思議に思っていたのでやっと分かったのだが、finaleで作成されたmp3は何か特殊なコード方式らしい。
で、別のソフトでwav形式のファィルをmp3に変換すると、十分に小さなファイルとなった。
これで、何とかアップすることができた。

ところが、完成したページで確認すると、ページを開いてから演奏ができるようになるまで、ガマンできないほど時間がかかるのだ。これでは見てもらうことはできない。

ここからまたまた時間を要することとなったのだが、マーラーの1番で最初に簡易な演奏例を載せたとき、音声ファイルを「プラグインとして貼り付け」という方法で行っていて、今回もそれでやってみたのだが、どうもそれが原因ではないか、とにらみ、別の方法を試してみた。

すると、何とかガマンできるだけの時間しか要しないことが分かった。
それが、現在載せている形である。

ところが、まだ問題があった。

(この稿続く)

« マーラーをDTMで鳴らす (6) | トップページ | マーラーをDTMで鳴らす (8) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

作曲家、演奏家」カテゴリの記事

作品」カテゴリの記事

「題なし」の雑感」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マーラーをDTMで鳴らす (7):

« マーラーをDTMで鳴らす (6) | トップページ | マーラーをDTMで鳴らす (8) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

書評 資料室

Amazonアソシエイト

無料ブログはココログ