最近のトラックバック

« マーラーをDTMで鳴らす (9) | トップページ | 地図を見ながらでも迷います »

2011年11月 6日 (日)

マーラーをDTMで鳴らす (10) 演奏例追加

(9)までで終了するつもりだったが、やはり自分なりに「成果」として報告させて頂くには、10月30日付けの記事に載せた、単音だけの演奏例だけではダメだと考え、ちゃんとオーケストラとして鳴っているものを追加して紹介したいと思うようになった。

単音だけの演奏例となってしまったのは、通常の方法だとココログでは、音声ファイルの上限は1MBまでという制限があったためである。
改めて、作成済のmp3ファイルをツラツラと眺めていたのだが、オーケストラとして鳴っているファイルで、1MBを切る容量のものは1個しかなかった。

マーラーの交響曲第1番の第2楽章の終りの部分である。
題名のない音楽館」の「マーラーの交響曲第1番」にも記載したが、マーラーの曲の聴き始めは、この曲のこの部分だった。ある会社のCMの音楽として使われていたのである。

ハナ肇とクレージーキャッツがデビュー仕立ての頃、毎週月曜から土曜、昼の時間帯で10分間、「おとなの漫画」という番組をやっていて、そこでやっていたCMである。
夏期休暇などに毎日のように見ていたから、耳馴染んだわけである。

耳馴染んだからもあるが、それ以上に、何となく気になる音楽だということもあった。後でこの曲のこの部分だと知ったのだが、この曲全体の雰囲気から見ても、またこの後のマーラーの曲全体を覆う要素から見ても結構屈託がない感じで、「つくり」も比較的単純だし、それでいて近代的な響き(=和声と管弦楽法)が印象的だった。

「mahler_sym1_2rdMvt_last.mp3」をダウンロード

そのことはこの演奏例でも十分に伝わるはずだ。
さらに関心を持って頂いたなら、「題名のない音楽館」にお越し頂けばありがたいです。

« マーラーをDTMで鳴らす (9) | トップページ | 地図を見ながらでも迷います »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

作曲家、演奏家」カテゴリの記事

作品」カテゴリの記事

「題なし」の雑感」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マーラーをDTMで鳴らす (10) 演奏例追加:

« マーラーをDTMで鳴らす (9) | トップページ | 地図を見ながらでも迷います »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

書評 資料室

Amazonアソシエイト

無料ブログはココログ