最近のトラックバック

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月11日 (日)

名曲探偵アマデウス 2011年9月10日 ドヴォルザーク 9番

老舗のお茶メーカーが、外国の飲料メーカーに買収され、以前からお茶メーカーに勤めていて、合併の悲哀を感じる社員からの相談。

最近「家路」のテーマを歌いながら、外人の社員が「イッショニガンバリマショー」と言うのだが、意味が分からない。やる気をなくしたのでもう会社を辞めたい。最近彼らが出してきた新製品の企画書が「緑茶コーヒー」だと言う。依頼人によると「日本の文化に根ざした緑茶とコーヒーなんて合うわけがない」
事件ファイルNoは13。

番組内では、2楽章を中心に全楽章に関する分析と蘊蓄(うんちく)が述べられ、最後の演奏例は第4楽章を全部。

曰く、「家路」のテーマとなった第2楽章は、ヨナ抜き音階(ファとシがない音階)で作られていて、これはチェコの民族音楽で使われる調というだけでなく、日本でも馴染み深い音階であり、郷愁を覚えずにはいられないこと。
また曰く、この楽章のテーマは黒人霊歌「Swing low, Sweet chariot」という曲とそっくりで、殆ど同じ音型を、チェコの民族音楽でよく出てくるリズムに載せたものである。
さらに曰く、このメロディーが後から出てくるとき、メロディーの途中で切れ切れに止まってしまう箇所があり、それは休符のフェルマータをつける形で3箇所続けて現れる。作曲者自身の郷愁の思い(ニューヨークに単身赴任中に作曲された)を、自分自身と向き合わせてのことだろう。

結論としては、この曲はチェコの民族音楽の要素と、アメリカ的な要素と、ヨーロッパの伝統的な音楽空間を融合させた傑作で、こうした音楽を創り出せたこと自体が、作曲者のとっての「新世界」だったかも知れない。
また、外国人社員の方が依頼者よりも遙かに故郷をしのぶ思いが強いのではないか、ということになり、新しい「緑茶コーヒー」の開発と発売を一緒にやってみよう、ということで解決。

演奏例の後のエピソードでは、完成し事務所に送られてきた「緑茶コーヒー」が「新世界から」と命名されていて、探偵と助手が試飲を押しつけ合い、探偵が飲むことになって、いかにもマズそうな顔をして終る。

この曲は、クラシックをまだまだ本格的に聴くには至らない人でもよく知っているはずだ。
しかし、学校の下校時に鳴らされる曲ということで、その第2楽章しか聴いていない人も多いはずだ。
全ての楽章を聴き通すことにより、全ての楽章で他の楽章のメロディーが回想される(循環形式と言う)など、ドヴォルザークの作曲技法の素晴らしさが理解できようと言うものだ。

「家路」によく似た黒人霊歌の紹介があり、その歌も紹介(演奏)された。これは聴いた記憶がなかったので収穫。
曲名にある chariot とは、荷馬車のことらしい。で、題名全体の意味は・・・分かりません。

クラシックを余り聴かない人でも知っている曲というのと同時に、この曲からクラシックを聴き始める人も多いはず。
ご多分にもれず、私もごく初期の頃、小遣いを貯めて買った最初の曲だったはずだ。親に買ってもらったレコードもまだまだ少なかった頃で、貴重な1枚となった。

それは、フリッツ・ライナー指揮 シカゴ交響楽団のもので、買った当時は25cmサイズのLPで、モノラルだった。元々ステレオ録音だったのか、今でも売られているCDはステレオ盤。
尚、買った当時、この曲の番号は5番だった。まだ初期の4曲が含まれていなったわけだ。

色々な演奏が出ているが、私がステレオのLPで買い直し専ら聴いていたのはケルテス指揮のもの。ケルテス指揮でも何種類かあるが、ここではウィーンフィルとのものを挙げておく。これは超名盤として人気も高い盤だ。

2011年9月 9日 (金)

題名のない音楽会 2011年9月4日 つまらないパフォーマンス反対 !

富士山麓からのシェナ・ウィンドオーケストラによるコンサート第2弾。

曲は「ウィリアム・テル」の序曲、ど演歌エキスプレス、マンボNo5。
結論から言うと、つまらない内容だった。

シェナのメンバーがソロを取ろうとして指揮者の横で押し合いになったり、マンボNo5では聴衆に次々マイクを向けて「あぁぁーウ ! 」と叫ばしたり。
メンバーの寸劇は見たくないし、寸劇なしで順にソロを取って行って妙技を披露したらいい。実力のあるバンドなのだし、もっと「らしい」曲を採り上げた方がいい。

また、会場にいた観客はどう思ったか知れないし意外と楽しんだのかも知れないが、聴きに行っている聴衆を巻き込んで遊ぶのは、やめてもらいたい。
私は、聴衆を巻き込むコンサートは大嫌いだ。
何でカネを払ってまで、自分が参加させられねばならないのか。

あと2点。

  • 「ウィリアム・テル」の序曲と会場で紹介されたが、あれは行進曲の部分だけである。本来この序曲は4部構成で、第4部が行進曲なのだが、そこだけが有名になってしまい、この日のように、その部分だけが演奏されることもある。しかし、全曲を聴いてこそ、価値が分かる曲でもあるのだ。
  • 「マンボNo5」の「ウー」だが、会場で遊んだような、とってつけたものではない。音楽の流れを止めてまで入れるものではない。
    つまり、「合いの手」の要素が強いものであり、「アー」などという「ため」を強調すべきものではない。

前者はトスカニーニ盤、そして後者はペレス・プラードの盤を挙げておきたい。
但し、ペレス・プラードは同じ曲を何度も録音していて、年代が経つほど、悪い意味で洗練されていってしまう。ここに上げた盤はほぼオリジナルに近いが、惜しいことにマンボNo5だけが新しい録音であり、「ウー」も、元々のものではない。他の曲に入っている「ウー」を参考にして頂ければ、私の言いたかったことが分かって頂けると思う。

2011年9月 7日 (水)

題名のない音楽会 2011年8月28日 吹奏楽1

河口湖の近くにある野外?ホールから、シエナ・ウィンド・オーケストラによる吹奏楽特集の1回目。
タイトルは、「富士山から響け! 日本のココロ」というもの。
地元の小中学校の吹奏楽部との合奏を一部含む。

「東北地方の民謡によるパラフレーズ」という曲は、震災チャリティコンサートのために作曲された新しい曲。
会場の場所にちなんで「甲斐の夜明け」という曲。
そして3曲目には外山雄三の「管弦楽のためのラプソディー」

この曲、私の大好きな曲で、「題名のない音楽館」の中に、これに触れた記事を掲載しているので、詳細はそちらに譲るが、最近、割と演奏されることが多いようだ。
ただ、NHKの最初の海外公演のときのアンコール曲として作曲されたのに、海外のコンサートで採り上げられたという話を余り聞かないのは気のせいだろうか。
武満徹なんかより、ずっと親しみやすいしパワーがあるのに。とくに最後の八木節の箇所は圧巻。

で、シエナによるこの日の演奏だが、意外と迫力に乏しいものだった。オーケストラよりも吹奏楽の方が、管楽器の多い分、音量としては大きなはずだが、なぜだろうか。

オーケストラ用の曲を吹奏楽用に編曲する場合、概ねうまく行く場合と、そうでない場合があるのかも知れない。理由はよく分からないが。
で、こうした演奏を聴くと、本来のオーケストラ版を聴きたくなるというものだ。

2011年9月 5日 (月)

N響アワー 2011年9月4日 フォーレのレクイエム

「永遠の名曲たち」シリーズの5回目として、フォーレのレクイエムが登場。先週の予告でこの曲目を知らされてから、楽しみにしていた。

このシリーズの「こだわり」なのか、曲の切れ目ごとに解説を挟む方法が採られた。
解説→第1曲→解説→第2曲、第3曲→第4曲、第5曲→第6曲、第7曲の順である。

解説では、通常レクイエムに含まれている「怒りの日」が、この曲にはないこと、第4曲の単純な旋律がフォーレの和声づけによって深い響きを醸し出すこと(西村がピアノで弾いて説明)、発表当時は酷評されたこと、それでもその後人気を博してきたこと、などが説明された。
発表当時は「誰のための曲か」と言われたが、結局フォーレは自分のために書いたと思われ、それが却って普遍的なものとなり得たこと、などにも言及された。

演奏はデュトア指揮による2004年1月の録音。
確かこれは聴いたことがある。彼が音楽監督を務めていたのは2003年までだから、既に時代は変っていきつつあったのだが、まだまだデュトアの音が残っている頃でもあった。名演だ。

私はこの曲、若い頃にクリュイタンスの演奏で聴いて、一発で参ってしまった。とくに第3曲「聖なるかな」と第7曲「楽園にて」は絶品。

マーラーにドップリ浸かっていた頃、交響曲第9番を、「もし自分が死んだら、かけて欲しい曲」だと思っていた
永らくそれは続いたが、モーツァルトのレクイエムを知ってからは、その曲になった。
しかし、モーツァルトの曲全体として、例えようのない哀しみを帯びているものが多いことが分かってからは、とくにレクイエムとなると、聴くのが辛くなってしまった。

で、結局現在は、このフォーレのレクイエムがいいと思うに至っている。
私は死んでいるので何も聞こえないと思うが、残った人たちに、これを聴いて泣いて欲しいのだ。

さて、番組の内容について、幾つかコメントしておきたい。

まず、字幕に出る歌詞。ちゃんと文語文のままでやったのは良かった。従って、「汝」という語もそのまま残っていた。
しかし、「主よ、汝に」という使い方は絶対におかしい。主に対して「汝」呼ばわりするのは失礼千万な話だ。ここは「あなた」でなければならない。原文がどうなっているのか知らないが、少なくとも日本語訳は「あなた」であるべきだ。日本語の典礼文が「汝」となっていたとしてもだ。
聖書の口語訳もそうだが、実に奇妙な訳になっていて、文章としておかしく醜い訳が多すぎる。

もう一点。
もちろんの曲は「怒りの日」が入っていないことでも有名なのだが、第6曲で僅かな間、「怒りの日」の歌詞が出てくる。だから、フォーレは「怒りの日」を全く省いたわけではなく、順序を変えて「怒りの日」の力を弱くし、むしろ「楽園にて」で描かれる世界に行くべきだと主張したとも言えるのだ。これに関する言及はなかった。

また、これは説明し出すとややこしい話になるのだろうが、通常のミサ曲とレクイエムの違いについて、簡単でいいから触れて欲しかった。少なくとも、「入祭唱」の冒頭で「レクイエム・・・(永遠の安息を与えたまえ)」と歌われるので、曲全体が「レクイエム」となった、という程度には。

私のベスト盤はデュトアがモントリール交響楽団を振ったもの。ソプラノがキリ・テ・カナウというのも豪華。
尚、上記のクリュイタンス盤もベストだが、デュトアの方が新しいだけに録音も優れているしオルガンの音も良く入っている。
できれば両方聴いてみて欲しい。

2011年9月 3日 (土)

名曲探偵アマデウス 2011年9月3日 ラフマニノフP協2番

久しぶりに「名曲探偵アマデウス」のセレクションが戻ってきた。

クライアントは、かつて天才的な心臓外科医として知られていた財前五郎。手術が失敗して表舞台から姿を消していたが、大学の恩師がオペを依頼してきて、ラフマニノフのピアノ協奏曲2番のレコードを託して、昏睡状態に入ってしまった。オペにはもう自信が持てないが、時間はない。レコードに託された恩師のメッセージとは? という内容。
事件ファイルNo.は12。

そのレコードは、ラフマニノフの自作自演のもの。番組中ではLPレコードだったが、今では勿論CDになっている。
こうした歴史的価値のある盤が今でも手に入るのは素晴しいことだ。

曲の冒頭、ラフノニノフが10度の音程を易々と弾いているのに、助手のカノンがやってみようとしても、到底届かない。そこで、ラフマニノフの手の原寸大のレプリカを使って、いかにスゴイ手の大きさだったかを説明したのはご愛嬌。実際には12度届いたそうである。
ラフマニノフと同様に、かつて財前も「神の手を持つ男」として知られていたという話に関連させていた。

第1楽章の第1主題のうねるような感じは、メロディーのつくりが、上がって行こうとしては下がる・・・を繰り返すことによる。
また、有名な第2主題は、譜面に書いてある通りに弾くだけでは何の味わいもない。これを、通常演奏しているときの、表情をタップリ付けた弾き方との譜面そのままで何の細工もない2通りを弾いて説明したのは、中村紘子。

中村紘子によると、この曲は全体として難しい処だらけで、あたかも、白鳥が、姿は優美さそのものたが、水面下ではとても大変なことをやっているというのと同じだとのこと。

また、第2楽章のたゆたう雰囲気は、4拍子の曲なのに、1小節に3連符が4つ入っていることで、3連符4つをひとまとまりとしたメロディー作りによって、3拍子のような感じを持たせていることを説明(3×4=12、12=4×3)。

そして、この曲はラフマニノフが精神的にやられてしまったあと、奇蹟と言える復活を遂げた作品だ、というのがメインで、ラフマニノフと同様、財前も復活してくれ、ということになる。
そこで、第3楽章のつくりが、苦悩に満ちた第1主題と、復活の第2主題とから成る、という説明が付け加わった。

演奏例は、中村紘子とN響、指揮は準・メルクルで、第3楽章の抜粋。

番組を見始めたとき、ラフマニノフの復活と財前の復活をからめた話になる、ということは直ぐに想像できた。その通りの展開になったが、改めてこうして分析しながら聞かされると、知らなかったり気付かなかったことも結構あった。

第3楽章の第2主題が「復活と歓びの主題」として説明されたいたのには賛成しかねるが、確かに、終楽章に重きを置いた協奏曲なのかも知れないとは思った。
交響曲において終楽章に最も重点を置いた曲づくりはベートーヴェンが始めたわけで、ロマン派以降の作曲家の作品に大きな影響を与えた。
私はこれを「終楽章交響曲」と呼んでいるが、同様に「終楽章協奏曲」というものも確かにありそうだ。しかし、以外に少ないようにも思う。

そんなことを色々と考えさせられもした。

処で、クライアントの職業と「財前八郎」という名前を聞いて、思わずニヤリとしたのは私だけではないはずだ。
明らかに、山崎豊子の「白い巨塔」の主人公である「財前五郎」のパロディーである。「八」は「嘘っぱち」の「八」?

この「白い巨塔」、原作は読んでいないが、田宮二郎の主演によるテレビドラマは時々見ていて、おおまかなストーリーは知っている。
現在にも通じるテーマで、全く古さを感じないはずだ。
だからこそ、その後も何度かテレビ化されているし映画にもなった。
世代的には、唐沢寿明主演のものが馴染み深いのだろうか。

演奏例は中村紘子によるもので、悪くはなかった。
私のベスト盤は、この右欄に掲げている、グリモーの演奏。

番組のオチは、見事復活した財前が新聞に写真付きで載っていたが、そこに一緒に映っていたのは、ラフマニノフの手の原寸大のレプリカ。
相談にきたとき、探偵がプレゼントしたものだった。

2011年9月 1日 (木)

N響アワー 2011年8月28日 続き 「楽器体験コーナー」について

毎年N響ほっとコンサートでは、ロビーでN響のメンバーが来場客に楽器を触らせたり吹かせたりし、アドバイスする、という「楽器体験コーナー」なるものが催されている。

しかし、どうもこの映像を見るたび、気になって仕方ないことがある。
N響のメンバーも来場者も善意の人たちばかりだという前提に立っても・・・。

  • 弦楽器の場合、コンサートマスタークラスだと、家一軒買えるほど高価な楽器を使っている。素人に触らせ、間違って壊してしまったらどうするのだろうか。
  • 大きな楽器の場合、間違って落として壊してしまったらどうするのか。
  • そして、これが一番気になるのだが、管楽器だと吹き口にツバがつく。言い方はキツイかも知れないが、実に不潔なものである。持ち主本人は仕方ないから(自分のものだから)使うが、他の人のツバがついたりするのはお互いにイヤではないのか。

ちなみに、金管楽器には演奏者が使うことによって、時間とともにツバが溜まる。その溜まったツバを排出する弁が必ず付いている。長い休符のとき、金管楽器の奏者が弁を下にして楽器を振っている処をときどき見かけるはずだ。ああして溜まったツバを抜かないと音が出なくなってしまうのだ。

木管楽器にはそうした弁はない・・・はず。良く知らないので・・・が、吹き口と反対の、筒の空いた側からツバを排出する。

そうした性質のものであるから、N響が使っている楽器を触らせたいのであれば、1回ごとに消毒すべきものだ。
そんな面倒なことをするよりも、来場者が自分の楽器を持ってきて教えてもらうとか、貸し出し用の楽器を別に用意すべきだ(この場合も1回ごとに消毒は必要)。

この催しに限らず、どうも最近こうした点にデリカシーを欠く風潮があるように思えてならない。

私の世代の若い時分、例えば憎からず思っている女性がジュースなどを飲んでいるグラスから、誤って飲んでしまった場合、「やー。間接キスだ」などと喜んだり困惑したりしたものである。男女逆の場合も同じ。
みちろん、故意に間違ったフリをしたこともあっただろう。
また、半ば公然と同じクラスから飲んでいる男女は、かなり深い関係だと周りにも「宣伝」していることとなった。

ところが、最近は、そんなことは平然と行われている。お互い、何でもないことのように振る舞っている。余り良いことではない。

「楽器体験コーナー」に垣間見た無神経さも、そんな風潮の中にあるように感じるので、苦言を呈しておく。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

書評 資料室

Amazonアソシエイト

無料ブログはココログ