最近のトラックバック

« 東京交響楽団演奏会 ブルックナー8番他 | トップページ | 名曲探偵アマデウス 2011年2月13日 ブルックナー7番 »

2011年2月13日 (日)

題名のない音楽会 2011年2月13日

この日のテーマは、「音楽ASOBI ピアノ大喜利」の2回目。

かつてユジャ・ワンを初めてテレビで見たとき、「あ、のだめが出て来た」と思った。その後ウェブでモーツァルトの「トルコ行進曲」をかなり自由に編曲して演奏している状況を見て、ますますその感を強くし、また、凄いピアニストだと思い、DGGからのデビュー盤を入手したのであった。尚、下の海外盤がデビュー盤で、私が入手した盤。
国内盤が国内デビュー盤。国内盤のボーナストラックとして「トルコ行進曲」が付いているようだ。

「のだめだと思った」というのは、マンガやアニメ版によるものではない。上野樹里が演じた実写版の「のだめ」と雰囲気がソックリだったことと、上記の通りモーツァルトを自由に編曲したりしているということによるものである。

この日の「題名のない音楽会」を見ていて、「あ、『のだめ』がもう一人いた」と思った。
加羽沢美濃である。

東京芸大卒でありながら、クラシック一辺倒ではなく、幅広いジャンルをものにして、自分でも作曲するという彼女は、実はちゃんとした演奏? をこの番組で披露するのは初めてなのだとのこと。

私は以前、NHKの何かの番組で見て以来注目していたので、彼女の演奏は知っていたのだが、佐渡さんは初めて聴いたらしい。少し点を甘めにつけていたのは、カワイイということもあるだろうが、才能を買ったということも確かにあるはずだ。

私も、ひいき目かも知れないとは思いつつ、それでも他の2人の出演者・・・ピアニストで作編曲家でもあるHIROSHIと、音楽芸人 こまつ・・・よりも、かけ離れて優れていると感じた。

ある曲やシチュエーションを題材にして、自由に作編曲して腕を競い合うというのが、「ピアノ大喜利」のテーマなのだが、何れをとっても、本格的なのである。クラシック音楽の基礎がシッカリしていること、クラシック音楽だけでも食べて行けるかも知れない才能を感じさせてくれるのである。
HIROSHIもこまつも、それなりに面白いものを聴かせてくれたし、こまつが昔のゲーム音楽の音を出した場面では、観客と一緒に笑ってしまったのだが、加羽沢美濃はレベルが違う。こんな作編曲で横で演奏されたら、惚れてしまうだろう。

調べたら既に20枚を超えるCDを出している。もっと聴いてみたくなったので、次のものをちょっと買ってみようかと思っている。

彼女の才能を知ったのが、佐渡さんよりも先だった、というのが愉快でもあった。忙しすぎて、余りテレビなどを見る時間がないのだろう。

ところで、この記事のアタマの方に書いたユジャ・ワンだが、私が注目するに至った、ラフマニノフの「パガニーニ・ラプソディ」がようやくこの3月に発売されるらしい。予約受付も始まっているようだ。

« 東京交響楽団演奏会 ブルックナー8番他 | トップページ | 名曲探偵アマデウス 2011年2月13日 ブルックナー7番 »

作曲家、演奏家」カテゴリの記事

音楽番組」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 題名のない音楽会 2011年2月13日:

« 東京交響楽団演奏会 ブルックナー8番他 | トップページ | 名曲探偵アマデウス 2011年2月13日 ブルックナー7番 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

書評 資料室

Amazonアソシエイト

無料ブログはココログ