最近のトラックバック

« N響第1688回定期 2011年1月16日放送 アヴデーエワのショパン | トップページ | N響第1668回定期 2011年1月16日放送 アヴデーエワのショパン続々 »

2011年1月31日 (月)

N響第1688回定期 2011年1月16日放送 アヴデーエワのショパン 続き

(前稿からの続き)

さて、アヴデーエワのショパンで何が収穫だったかと言うと、ロシア人らしからぬ演奏センスとでも言うべきだろうか。

予(かね)てから、ロシア人のピアニストは、男女を問わず、音や響きの大きさ、ダイナミックレンジの広さを追求する傾向が大きく、それがともすれば雑な音楽づくりとなってしまうことがある、と見ている。それがチャイコフスキーなどでは良い方向になることがあるが、ショパンともなると、繊細さに欠けた、悪く言えば乱暴な演奏となってしまうことが多い。

しかし、アヴデーエワは違った。

N響アワーでP協1番だけを放送したときもそう感じたのだが、確信するに至ったのは、N響アワーでは放送されなかった、アンコール曲「マズルカOp.67 第4」を聴いたときである。繊細かつ深いマズルカだった。

P協1番では、「こういう演奏をすればいいんだ」と思った。この曲は実は余りにも聴きすぎて、飽きがきているほどで、もはや積極的に聴く気がしなくなっている。それもあってか、誰の演奏を聴いても、心から喜ぶ気がしないのである。いや、しなかった。

しかし、アヴデーエワの演奏によって、この曲もこうした演奏で聴けば、楽しく聴けるのだということを知らされた。よく出来ている曲だと改めて認識できた。
とくに、第3楽章・・・決して良いとは思っていなかった楽章なのだが・・・テンポや弾き方をすこしずつ変えて、どんどん乗ってゆくような表現で、楽しさが伝わるものだった。この楽章が名曲だと気付かせてくれて、結果としてこのP協1番全体が名曲なのだと再認識したわけである。

(この稿さらに続く)

« N響第1688回定期 2011年1月16日放送 アヴデーエワのショパン | トップページ | N響第1668回定期 2011年1月16日放送 アヴデーエワのショパン続々 »

作曲家、演奏家」カテゴリの記事

作品」カテゴリの記事

音楽番組」カテゴリの記事

トラックバック

« N響第1688回定期 2011年1月16日放送 アヴデーエワのショパン | トップページ | N響第1668回定期 2011年1月16日放送 アヴデーエワのショパン続々 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

書評 資料室

Amazonアソシエイト

無料ブログはココログ