最近のトラックバック

« 大野和士指揮 リオン国立歌劇場管弦楽団日本公演 | トップページ | 広上淳一のプロコフィエフ N響アワー2010年2月21日 »

2010年2月 9日 (火)

デュトア指揮 N響第1663回定期 続々

(前稿から続く)

第1663回定期の最後の曲はショスタコーヴィチの交響曲第11番「1905年」。この曲も久しぶりに聴いた。理由は「亡き王女・・・」とも「左手・・・」とも異なり、何しろ聴いて楽しくないから、または聴いていて辛いから・・・に尽きる。

この曲に続いてショスタコーヴィチが作曲した交響曲第12番は「1917年」という名前がついていて、1917年はソビエト・プロレタリア革命の年、その前哨戦となった1905年を、2つの交響曲で表現した、とさる。現に、発表した当時のソビエト当局の覚えはめでたく、交響曲第11番はレーニン賞を受賞した。ソビエト政権を称揚し、プロレタリア革命を称揚し、愛国心を高揚し鼓舞する、社会主義リアリスムの名曲というわけだ。

この2曲のうち「1917年」はヤケクソみたいな空騒ぎがかえって面白くて、聴く機会もある程度あるのだが、「1905年」は久しく聴いていなかった。「題名のない音楽館」の中でこの曲について書いた記事でも触れたが、だいたい、この曲をなぜ「革命を称揚し国家に奉仕する曲」として聴けたのか不思議でならない。当時のソビエト当局の連中は、いったいどんな耳をしているのか。後味も決して良いとは言えない。だから前述の記事を書くときには集中して聴いたが、その後は積極的に聴くことはなかった。

久しぶりに聴いてみると、楽しくはないがそれなりに名曲かも知れないと思った。「1917年」のような無理矢理にバカ騒ぎに持ってゆく曲よりは価値が高いだろう。

デュトアの指揮は、こうした曲に対しては音楽的に美しく聴かせる方向を目指しているように思える。ある意味で客観的というか、歴史的な背景を取っ払った方向で聴かせるものであるように感じた。それだけに、ショスタコーヴィチのこの曲の、これからの演奏というもののひとつの形として示されたものだったかも知れない。

それにしても、あちこちに書いているのだが、デュトアが音楽監督だったとときのN響は素晴しかった。名誉音楽監督としての来日公演というわけだが、やはり他の指揮者とは異なる音がしたように思えた。

« 大野和士指揮 リオン国立歌劇場管弦楽団日本公演 | トップページ | 広上淳一のプロコフィエフ N響アワー2010年2月21日 »

作曲家、演奏家」カテゴリの記事

テレビ放送、ラジオ放送」カテゴリの記事

作品」カテゴリの記事

コンサート」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デュトア指揮 N響第1663回定期 続々:

« 大野和士指揮 リオン国立歌劇場管弦楽団日本公演 | トップページ | 広上淳一のプロコフィエフ N響アワー2010年2月21日 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

書評 資料室

Amazonアソシエイト

無料ブログはココログ