最近のトラックバック

« マナカナのデビューCDは期待外れ | トップページ | カルメンの愛した男は誰? »

2009年5月29日 (金)

マナカナのデビューCDは期待外れ 続き

アルバムに入っていない「いのちの歌」は、別途マキシシングルとして発売されている。これも、シジミジルがフィーチャーされたトラックの方が良い。

この「いのちの歌」は、その後のNHKの番組でメインとして取り上げて歌っているので、これで紅白を狙うのだろうが、どうだかなー。悪くはないのだが、ポーンと突き抜けたものがない。歌詞もストレートすぎる。分かりやすいといえば分かりやすいのだが・・・ 紅白にはNHKだから出すように推察するが、後々まで残るかどうか微妙な処だ。

歌手として歩ませるのが果たして正しかったかどうか。顔は少し異なってきているが、まだまだ一卵性双生児として「似ている」ことを武器にできるはずである。それこそ先に挙げた「古都」・・・いや、そこまで行かなくても、「似ている」ことを活かしたドラマを作るなどして、もっと女優として挑戦させるべきではないだろうか。

先にも書いたが、朝ドラとしては史上最高傑作だと思う。2人が歌っていた歌を除いても、テーマ音楽「縁の糸」を含めて、音楽も良かった。

2008年下期の大阪制作のこのドラマが結構マジメ路線で行っていたのに、2009年上期の東京制作「つばさ」がオチャラケに近い路線となり、従来の東京vs大阪の路線が逆転したみたいだ。

« マナカナのデビューCDは期待外れ | トップページ | カルメンの愛した男は誰? »

テレビ放送、ラジオ放送」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マナカナのデビューCDは期待外れ 続き:

« マナカナのデビューCDは期待外れ | トップページ | カルメンの愛した男は誰? »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

書評 資料室

Amazonアソシエイト

無料ブログはココログ