カテゴリー「経済」の記事

2016年4月18日 (月)

シャープ崩壊

(日本経済新聞社 2016年2月。副題「名門企業を壊したのは誰か。お薦め度5)

最初にカミングアウトしておきますが、シャープOBです。

片山さんが社長になったのと同じ年に「卒業」しました。 リーマン・ショックが始まった頃で、濱野副社長が「危機的な状況。売れる物は全部売れ!と大号令をかけていました。
その後リーマン・ショックは何とかくぐり抜けることができたと認識していたのに、なぜホンハイなどという会社の軍門に降るまでに堕ちてしまったのか。

本書でそのプロセスが手に取るように分かり、「そういうことだったのか」と納得しました。

社是に「いたずらに規模を追わず・・・」とある通り、もともと身の丈に合った経営をする会社でした。身の丈に合わないものには取り組まない会社でした。慎重に慎重にコトを進める会社で、管理指向が凄く強く、ハッキリ言ってケチでした。キャッシュフローを重視し、できるだけ借金はしないようにしてきた会社でした。

液晶テレビで大成功を収め、「アクオス」が薄型テレビの一般名詞化してしまった頃もありました。 しかし、液晶テレビが売れに売れたのは、「地デジ化」が迫る中で、やむなく買う人が殆どだったということが殆どの理由。そう。それだけに過ぎない。
けど真実を見抜こうとせず、技術力を含めて自分の力によるものと過信したのが元々の誤りの源。その意味で片山さんがシャープを崩壊に導いた張本人であるというのは私を含めてかなりの人が指摘している通りです。

しかしそれだけではない。

崩壊の過程の説明に人事抗争を持ち出すのは、理解はしやすいのだが一面的に過ぎると思う。 銀行出身の取締役の発言力が強くなりすぎ、生え抜きの取締役の思惑通りにコトが進まなくなってしまった。これはWBSなどでは報道されたが本書では触れられていない。結局、銀行出身の取締役の賛成多数でホンハイの参加になる道を選んでしまった。

そして、もっと基本的なことは、「お客様が欲しいと思って下さる商品」が創り出せなくなってしまったこと。これはシャープだけではない。

端的に言うと、殆どの商品が各家庭で溢れかえるようになってしまっているということ。洗濯機も冷蔵庫もエアコンも掃除機もテレビも、もはや買替え需要が見込まれるのみ。

そしてこの基本的なことに触れていないのは日経ならではの書き方だ。

尚本書が上梓された段階では、ホンハイ傘下に・・・という寸前までは行っていたとはいうものの、まだ決定はしていなかった段階であった。 その後傘下に入り、そのあとで出資額を値切られ、銀行出身の取締役の思惑とは全く異なる方向に進んでしまうこととなったのはご存じの通りである。

シャープに関心をもってきておられた方々には是非とも読んで頂きたい。もちろんシャープOBには必須の書と言うべきだろう。

 

2012年5月12日 (土)

関西電力の無策・無責任を糾弾する 1年もあったのに何をしていたのか

いったい、この1年間、何をしていたのか。

この2012年の夏、原発を再稼働しなければ10数パーセントの電力が不足する、という関西電力(以下、関電)の試算が出て、その話題が色々な番組で採り上げられているのを見て思ったのは、私だけではないだろう。

昨年は東京電力の電力不足が専ら話題になり、その傍らで、「やがて全国の原発が全て停止する。定期検査に入るためだが、停止したあとの再稼働が困難になるのではないか」との推測も流れていた。
このとき、なぜか関西電力のことが余り話題にならなかったと記憶するが、テレビの番組の多くが東京制作のものであるため、どうしてもそうならざるを得なかったこともあるだろう。

昨年はまだ原発が稼働していて、節電の呼びかけなどが功を奏したのか、大きな問題にはならずに済んだ。

しかし、今年になって原発が全停止状態になることは、当然分かっていたわけである。

テレビでは、ここに至まで余り話題になっていなかったわけだが、関電としては、原発が全部停止した状態になることは、もっと深刻な問題意識を持って、対応策を講じておくべきだったはずだ。
どうも、原発の再稼働ありき、という前提のみでしか動いていなかったとしか見えないのである。再稼働しない場合でも、何とか電力供給をスムーズに行う方法を講じてい然るべきものだったはずだ。
そのことによって、料金値上げが不可避となるのであれば、それも含めて対応策を講じておくべきだったはずだ。

安全のための策を、メニューだけ並べた状態で提示し、具体的な工事はこれから・・・などというふざけた説明で誰が納得できると思っているのか。
まあ、これについては、出す方も出す方だが、認めてしまう政府も政府だが・・・。

そもそも、古くなった火力発電所を目一杯動かしていたのであれば、修理したりリプレースしたり、場合によっては新規に建設したりといった対策は講じてきたのか。

太陽光発電を始めとする自然エネルギーがどこまで増強できるか、という見通しは立てたのか。民間の自家発電設備がどこまで増強されそうか、ヒアリングしたり見通しを立てたりしたのか。

関電は原発依存度が電力各社の中で断トツに高い、というのは、我々だって既に知っていることだ。であれば、関電の経営層は、あの3.11の状況とその後の推移を見るに付け、「これはエライこっちゃ」と危機感を持って然るべきだったはずだし、併せて、もし原発を動かすことができずに来年(2012年)の夏を迎えねばならなくなったら、いかに対応するかの検討をすぐに始め、乗り切るためのあらゆる方策(メニュー)を洗い出し、いかにそれを実行していくかということを検討し、そして実行して行くべきはずだった。

1年もあれば、かなりのことができていたはずだ。

どうも、見聞きする限りは、何もやってこなかった、としか思えないのだ。
原発の再稼働を前提にした動きしかしてこなかったのだろう。
いや、してこなかったのは確かだと言っていい。

昨年夏の株主総会の議事についてである。手許にあったのだが、捨ててしまったので記憶だけに頼って書くが、脱・原発に向けた株主提案があった。何項目にもわたっての提案があったが全て否決されてしなっていた。要は何も変えないというわけだ。即ち、原発は止めないというわけだ。再稼働は大前提というわけだ。

その議事録を見て、つくづく呆れたことを覚えている。
甘すぎるのだ。あの事故を目の当たりにすれば、原発はもう動かせないかも知れないと思うのが、当然の感覚のはずだ。どんな感覚をしているのか。
百歩譲って、再稼働せねばならないのだとすれば、少なくとも具体的な安全策のための工事が済んでから要請、という順序であるはずだ。

繰り返す。アッという間の1年だった。しかし、1年もあったのだ。1年もあったのに、何をしていたのか。「オール電化」というものに疑義を持つ消費者が増えたのに、まだ営業し続けていたことも分かっている。新聞などにも採り上げられて問題視されたが、事実、我が家にも勧誘があったと家人から聞き及んでいる。どんな感覚をしているのか。

通常の企業であれば、問題が発生したときは、まず最悪のシナリオを描くことから始める。そして、いかにそれを乗り越えるか、乗り越えるのが困難にときは、どんな策を講じたら可能になるのかを洗い出し、必要な予算措置を講じ、予算がもし不足するならば、いかにしてカネを集めたり捻出したりするかを決めて、即・実行に移す。
場合によっては外的条件などがシビアすぎて思惑通りに進めることができなくなる場合もある。しかし、策を講じた上での失敗は、回復策を講ずるときに必ず役に立つ。

企業のリスク管理として、当たり前すぎることである。
こうして自動車メーカーのV字回復ができたのだし、大赤字を出した家電各社も回復に向けた歩みを始めることができたのだ。
そんな危機管理、関電は講じていなかったのだろう。そうとしか思えない。そもそも、危機管理などという用語が、社内に存在したのだろうか。

原発依存度が最も高いがゆえに、全て停止せざるを得なくなったときに、どうすべきか、どうすればできるかを最優先で講じて行く義務も責任もある。

繰り返す。1年もあったのに、何をしていたのか。原発再稼働ができなくなったらどうするか、少しは考えたのか。少しは調べたのか。大口の需要家などに、少しはヒアリングしたのか。原発に代わる発電設備を、少しは検討したり調べたり、既存のものをメンテしたりしたのか。
何もやっていなかたとしか見えない。「無策」という言葉が、これほどふさわしいことはない。無責任という一語に尽きる。余りにもお粗末だ。

本当に、1年もあったのに、何をしていたのか。

2011年2月28日 (月)

澗(かん)なんて単位 分かるのだろうか 続々々

前稿で終るつもりだったが、付け加えたいことが出て来たので続ける。

前稿まで見てきたのは、一万の1万倍が一億、一億の1万倍が一兆、というように、万ごとに単位が変る、そして兆の上はケイ、ガイ、ジョ、ジョウ、コウ、カン、セイ、サイと続くということであった。

そして、バン、オク、チョウ、ケイ、ガイ・・・と単位を覚えておくと、IPアドレスが枯渇するという最新の話題も、より実感として分かりやすいと思うから、覚えておいて損はない、ということ。

さらに、この単位とケタ区切りの関係は、4桁区切りの方が実情に即しているのだし、数字としても読みやすいのだから、4桁区切りを是非とも併用すべきだ、ということであった。

しかし、これに関して調べていると、コトは必ずしも単純ではないらしいことが分かった。
単位の付け方は、大別して次の3種類あると言う。何れも、一万が10の4乗であることまでは同じ。

  • A・・・一万(10の4乗)の10倍を一億(10の5乗が1億)、その10倍が一兆(10の6乗が1兆)とする方式。
  • B・・・一万の一万倍を一億とする方式。但し、
    「(B-1)一億の一万倍を一兆とする方式=万進」と、
    「(B-2)千億(10の11乗)の次を万億(10の12乗)、十万億(10の13乗)、百万億(10の14乗)、千万億(10の15乗)と続け、一億の一万倍(10の16乗)を一兆とする方式=万万進」
    がある。
  • C・・・一万の一万倍を億とするのは同じだが、億億を兆、兆兆を京(けい)とする方式。

これでは「億」だとか「兆」だとか「京」だとか言ってもお互いにどんな数値のことを述べているのか分からないし誤解のモトとなるので、上記の「B-1」の方式=万進 に統一されていった、ということだそうである。と言っても、これは日本国内に限定した話。

こうした単位は、漢字と同様に中国からもたらされたものだが、中国では必ずしも万進で統一されているわけではない由である。
詳細は省くが、このことは、英語と米語の間でも見られることなのである。

それにしても、「C」の方式など、途轍もない大きな数字を表すことができるわけで、昔の人は、しかも宇宙の実態など殆ど知られていなかったはずなのに、よくぞ気宇壮大なことをイメージしたものである。

(この稿さらに続く)

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

書評 資料室

Amazonアソシエイト

無料ブログはココログ