カテゴリー「日本史」の記事

2015年5月22日 (金)

明治維新という過ち 改訂増備版

(副題「日本を滅ぼした吉田松陰とテロリスト。原田伊織著。毎日ワンズ。2015年3月10日第4刷。お薦め度1)

売れているようだ。私は毎日新聞を購読しているのだが、関連会社の出している本ということもあってか、よく本書の広告を目にしていた。時が経つごとに累計何万部出版という数字が上がっていったし、現に、本年1月に初版を出してから2ヵ月ほどで上記の通り第4刷に到達している。

薩長が明治政府を樹立し、その後の歴史が薩長にとって都合のよい歴史に書き換えられた・・・というのは、実はよく論じられる処だ。その上に立って、どこがどう変わったのかなどを論じて行くのが歴史家なり、歴史をテーマに小説や評伝を書く人の腕の見せ所というものだと考えている。

私も、率直に言って「明治維新」というものは薩摩藩の、とくに西郷ー大久保ラインによる陰謀だと思うようになってきている。
そうした、「明治維新見直し論」の1つかと思って本書を手許に置いたのである。

しかし、読み始めてすぐに失望した。本書はそんな上等なものではない。
結果、途中で読むのを放棄せざるを得なかった。これはひどい。
極めて偏った見方に基づいた、独善的で雑駁(ざっぱく)極まりない本である。何の価値もないと断言していい。

例えば、副題にある吉田松陰である。
全く大した思想を持った輩ではなく単なる先導者・テロリストだと断じているが、それでは後の「明治維新」の立役者の多くが彼を慕い、彼の元に集まったのはなぜなのか。
そこには、人が人を惹きつける力、即ち「」人物」という視点が欠けている。

そして、副題にあり本書内でも執拗に採りあげている「テロリスト」という決めつけ。
これは、あの時代と現在の価値観を混同(多分、意図的に)して論じるのが如何に無意味であるかということが分かっていない。

「明治維新」賛美に手を貸したのが司馬遼太郎であるとして彼を断罪し、戦前の陸軍の拡張主義が松蔭の影響によるものだとし、「維新」と称して廃仏毀釈に走り多くの寺院を破壊し、そうした影響が現在まで続いている。徳川家を温存して、当時のドイツ的な国とすべきだった、と論ずる。
ハッキリ言ってバカですよ。

彼は、本書内で、70年安保のとき、右側から関わったことを書いている
これで、ああそうかと納得したのは、立花隆が本書を絶賛した書評を書いていることである。立花隆は60年代安保闘争をくぐってきた人だし、著者は右側からとは言え、70年代安保に関わっている。
こうした人に共通するのは、妙な処に論点を無理矢理作り出し、理屈にもならない理屈をこね回すということである。こね回すことに恐らく快感を覚え、「理解しにくい」といった顔を見せると突然に聞き手をバカにし始めるのだ。

実に幼稚な論によって展開される本書。本来だとお薦め度はつけないレベルのものである。まあ1点だけ付けたのは、「明治維新」について無批判に受容してきた人に、「こうした考え方もある」ことを知って頂くにはこうした本もあってもいいか、ということによる。

しかし、多くの歴史学者、多くの司馬遼太郎ファン、多くの評伝作家を相手に喧嘩を売るようなこの本、よく出せたなあ、とある意味感心したのは確かだ。

2011年8月 5日 (金)

「践祚」くらい、一発変換して欲しい

「日本の10大天皇」の書評を書くとき、孝謙天皇が重祚して称徳天皇に・・・」と書こうとしたら、変換候補に出てこない。
仕方ないので「践祚」をベースに加工して単語登録しようとしたら、そもそも「践祚」が出ないので驚いた。

践祚(せんそ)とは、皇位を継ぐことである。
ちなみに、手許の「新明解国語辞典 第5版」では、「前の天皇に事故があったとき、後継者が後を襲って直ちに天皇の位につくこと」とある。
んー、ちょっと違うし余計な意味を付け加えた説明だと思う。

この辞書では付記として、「一定の時間が経過したあと、別に即位の礼を行う」とある。
そうには違いないが、「事故が」云々とか、「後を襲って直ちに」は余計だろう。それだと、「重祚」(同じ人が2度天皇になる)にも、「事故が」などの余計な意味がついてしまう。

また、「重祚」を「ちょうそ」で引くと、「じゅうそ」で見よ、とあるのも違和感がある。これは「ちょうそ」がメインでいいと思うのだが。
ひょっとして・・・と、「じゅうそ」で変換できるかどうか試したが、やはりダメだった。
前にも書いたが、Windows付属のIMEにほとほと愛想が尽きて、現在はATOKを使っている。それで、この体たらくだ。

それこそ天皇の代替わりのときにしか使わないから、というわけではなく、日本史について天皇家をからめて書くとき、必要な言葉である。
仕方ないので単語登録したので、ここではスムーズに書いているが、こんな言葉くらいは一々単語登録をせずとも、一発変換して欲しいものである。
ちなみに、「践祚」は日本語独特の言葉でもあるようで、英語ではそのまま Senso Ceremony と言うはずだ。

2011年5月12日 (木)

「ひこにゃん」の謎 補遺

今年の始め、彦根城のゆるキャラ「ひこにゃん」と、東京は世田谷にある「豪徳寺」の名物である「招き猫」が、由来を同じにするものだということを書いた(2011年1月30日2月2日4日6日)。

このことは、「知る人ぞ知る」ということだったはずだが、次第にかなりの人が知ることになってゆきそうだ。

2011年4月30日(土)にBSプレミアムで放送された「新日本風土記」で、「『城』 美しさと強さと」というテーマで各地の城と、それらを愛してやまない人々とその楽しみ方、またそれらを守ってきている人々の紹介があったのだが、その中で各地の城の「ゆるキャラ」が紹介された。

当然、彦根城の「ひこにゃん」も出て来たのだが、豪徳寺に関わる井伊家の伝説も紹介され、「豪徳寺の招き猫と『ひこにゃん』は、親戚のようなもの」と説明していたのである。

「ひこにゃん」の影響もあり、現在では、彦根城を観光する人の方が、豪徳寺を訪れる人よりも遙かに多いだろう。いや、「ひこにゃん」の存在がなくても、彦根城の方が多いはずだ。
彦根城で「ひこにゃん」に出会ったら、関係する豪徳寺に関心を持ち、訪問する人が増えたらいいな、と思っている。

何故「豪徳寺」に拘るかと言うと、以前の記事にも書いたが、私の母方の実家の菩提寺だからである。
今では母も亡く、母方の親戚で母と同世代の人たちも殆どこの世にはいないので、私も今後訪れることがあるかどうかは分からないのだが、いつの日にかは訪れて、子どもの頃にごく小さなものしか買ってもらえなかった「招き猫」の、大きなサイズのものを手に入れてみたいと思っているのである。

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

書評 資料室

Amazonアソシエイト

無料ブログはココログ