カテゴリー「都市景観」の記事

2010年11月30日 (火)

なぜ京都は市電を廃止したのか

昨日だったか一昨日だったかのニュースによると、京都市営地下鉄が赤字続きだそうである。

ふと思ったのだが、市電が残っていたらどうなっていたか。

大都市たるもの、地下鉄を持つべきだ、という論調が圧倒的だった頃があった。ちょうどモータリゼーションの波が押し寄せ始めていた頃と一致するはずだ。京都だけを例にとっても、やはり市電の類は赤字続きだった。市電なんか走らせても、クルマで移動する人が増えて行くので、赤字の解消など望むべまもなく、むしろ拡大するだろう、という予測も立てられた。

また、路面のかなりの部分を専有している市電は、クルマの走行の邪魔にもなる。だから廃止して、大都市たるべく地下鉄を建設せい、ということになった。
それでも当初は市電廃止反対を唱える人たちの力もあって、市域の周囲を回る路線だけは残そうという方向となったのだが、それもいつか沙汰止みになって、全路線が廃止され、代替手段として地下鉄が建設されることとなったのである。

今さら言っても詮ないが、なぜ「残す」という勇気ある決断ができなかったのか。本当に「大都市は地下鉄を持つべし」というのは正しかったのだろうか。

ホームページ「題名のない鉄道館」内の「鉄道と情景の記録」に「阪神国道電車最後の日」を掲載している。
私はその阪神国道電車の路線の近くで中学・高校時代を過ごし、大学には京都市電で通い、会社勤めをするようになってから暫くして東京に転勤となったときは都電荒川線の近くに居を構え、広島に転勤になってからは広電(広島電鉄)で市内をあちこち回って過ごした。

また、現在住んでいる奈良の近鉄奈良駅は、かつて路上にあり、その路面電車時代に乗ったこともある。さらに言うと、東京の親戚は小田急の豪徳寺だが、その駅は現在の東急世田谷線の山下停留所との乗り換え駅だ。

住んだ所の関係などで路面電車の類に色々と接してきた経験から言えることは、路面電車というものは、残そうという意志があれば残すことができた、ということである。現在残っている路面電車も嘗ては色々と経営中の課題もあっただろうと想像するが、今となっては世界各地で路面電車を再評価する動きもあり、残っていること自体が立派な観光資源ともなり得て、きっちりと黒字経営ができるようになったはずである。

テレビ朝日系で毎週土曜日に放送している「土曜ワイド劇場」で、2010年11月27日、「西村京太郎サスペンス」として函館を舞台にした内容が放送された。函館の観光資源が数ある中で、市内を走る函館市電の映像が実にピッタリで、市電も観光資源の一役を果たしていると、つくづく思った。

もし京都に市電が残っていたら、函館以上に素晴しい観光資源となったはずだ。函館よりも規模の大きな都市に路面電車が残っているということ自体が、観光都市京都の価値をさらに高めることとなったはずだ。

京都市電は市内のあらゆるメインストリートを通っていたので、当然四条通の路線もあった。7月には祇園祭があって山鉾巡行の日には四条通を練り歩く山や鉾の邪魔になるからということで、市電を一時運行停止とし、架線を道路の脇に除ける対応が採られていた。山や鉾の中には、架線より高いものが多かったためである。

そんな工事も、祇園祭と関連する観光資源たり得たのではないか。

尚、京都には京福電鉄嵐山線が、路面電車として残っている。四条大宮と北野白梅町から嵐山に向かう路線だが、かつて、北野白梅町では市電との連絡線があり、相互乗り入れが可能だった。それが残っていたら、市内各所と嵐山を結ぶ臨時電車などを運行することにより、観光路線としての価値も、現在よりもさらに高いものとなったはずである。

ちょっとだけ乗って、気が向いた所で降りることができること、駅または停留所にアプローチするのに階段を上ったり下りたりする必要がないこと、など路面電車のメリットは、地下鉄の高速性のメリットを凌いで余りあるのだ。

どうしてあの頃、みんなそのことに気が付かなかったのだろう。なぜ反対派の主張が無視されたのだろう。不思議と言えば不思議なことだ。

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

書評 資料室

Amazonアソシエイト

無料ブログはココログ