カテゴリー「歴史」の記事

2015年5月22日 (金)

明治維新という過ち 改訂増備版

(副題「日本を滅ぼした吉田松陰とテロリスト。原田伊織著。毎日ワンズ。2015年3月10日第4刷。お薦め度1)

売れているようだ。私は毎日新聞を購読しているのだが、関連会社の出している本ということもあってか、よく本書の広告を目にしていた。時が経つごとに累計何万部出版という数字が上がっていったし、現に、本年1月に初版を出してから2ヵ月ほどで上記の通り第4刷に到達している。

薩長が明治政府を樹立し、その後の歴史が薩長にとって都合のよい歴史に書き換えられた・・・というのは、実はよく論じられる処だ。その上に立って、どこがどう変わったのかなどを論じて行くのが歴史家なり、歴史をテーマに小説や評伝を書く人の腕の見せ所というものだと考えている。

私も、率直に言って「明治維新」というものは薩摩藩の、とくに西郷ー大久保ラインによる陰謀だと思うようになってきている。
そうした、「明治維新見直し論」の1つかと思って本書を手許に置いたのである。

しかし、読み始めてすぐに失望した。本書はそんな上等なものではない。
結果、途中で読むのを放棄せざるを得なかった。これはひどい。
極めて偏った見方に基づいた、独善的で雑駁(ざっぱく)極まりない本である。何の価値もないと断言していい。

例えば、副題にある吉田松陰である。
全く大した思想を持った輩ではなく単なる先導者・テロリストだと断じているが、それでは後の「明治維新」の立役者の多くが彼を慕い、彼の元に集まったのはなぜなのか。
そこには、人が人を惹きつける力、即ち「」人物」という視点が欠けている。

そして、副題にあり本書内でも執拗に採りあげている「テロリスト」という決めつけ。
これは、あの時代と現在の価値観を混同(多分、意図的に)して論じるのが如何に無意味であるかということが分かっていない。

「明治維新」賛美に手を貸したのが司馬遼太郎であるとして彼を断罪し、戦前の陸軍の拡張主義が松蔭の影響によるものだとし、「維新」と称して廃仏毀釈に走り多くの寺院を破壊し、そうした影響が現在まで続いている。徳川家を温存して、当時のドイツ的な国とすべきだった、と論ずる。
ハッキリ言ってバカですよ。

彼は、本書内で、70年安保のとき、右側から関わったことを書いている
これで、ああそうかと納得したのは、立花隆が本書を絶賛した書評を書いていることである。立花隆は60年代安保闘争をくぐってきた人だし、著者は右側からとは言え、70年代安保に関わっている。
こうした人に共通するのは、妙な処に論点を無理矢理作り出し、理屈にもならない理屈をこね回すということである。こね回すことに恐らく快感を覚え、「理解しにくい」といった顔を見せると突然に聞き手をバカにし始めるのだ。

実に幼稚な論によって展開される本書。本来だとお薦め度はつけないレベルのものである。まあ1点だけ付けたのは、「明治維新」について無批判に受容してきた人に、「こうした考え方もある」ことを知って頂くにはこうした本もあってもいいか、ということによる。

しかし、多くの歴史学者、多くの司馬遼太郎ファン、多くの評伝作家を相手に喧嘩を売るようなこの本、よく出せたなあ、とある意味感心したのは確かだ。

2012年10月 4日 (木)

中共からは手を引け 続き

(前稿から続く)

もともとあそこを中共と呼んでいたのだが、どうやらそれも風化されてきているらしい。ATOKというのは、私が愛用している日本語入力ソフトだし、これに変るものは現状見あたらないが、少なくとも私の使っているバージョンでは、中共というのが一発では変換されない。この記事を書くにあたって、そんなことも気付いてしまった。

さて、今にしてみれば、あそこを侵略したり、勝手に満州国なる傀儡国を作ったりした過去があり、その反動として贖罪意識が強くなりすぎ、それが行き過ぎとなったというのが背景になったのだろう。国交「正常」化という事態を目の当たりにして、最近までは人件費が安いというメリットもあり、どんどんあそこで生産する企業が増えていった。
いや、人件費の安さだけに目がくらんだというのが真実ではないか。

人件費がアッと言う間に高くなり、しかも、あんなリスクを追ってまで、あそこに拠点を置く必然性は、とっくになくなっている。
もう、今からでも遅くはない。引き上げるべきだ。全てのものを。全ての人を。全ての資金を。

贖罪意識というのは、ある意味持ち続けないといけないが、敗戦国の負うべき賠償金などについては、あんな処との交渉以前に、中華民国との間では、とっくに話が終っていることなのだ。蒋介石という、国民党を率いていた人物・・・色々と良い面につけてより、悪い面についての方が批判すべき人物だが・・・日本に対する一切の賠償請求を放棄すると宣言してくれたのである。
その上、基本的には新日であり、良い付き合いを続けてくることができた。それは、あそこと「正常」化する代わりに中華民国を言わば「斬捨て」にしたにも関わらず、現在まで続いている。もちろん、中華民国を台湾という地域名に落とした呼称とした後もだ。

もちろん、それでは収まらない人たちもいるだろう。台湾の漁船団が押し寄せた事案は、彼らの意見を代弁しているのかも知れない。しかし、あそこの指導を受けた、傀儡デモの可能性だってある。

台湾という地域名で呼ぶのはやめて、中華民国という正式の名前で呼ぶべきではないのか。そして、あそこは中共としか呼ぶべきではない。

笑い話に近い事実だが、もっとテレビのコメンテーターたちの誰かが指摘して良いことなのだが、本当に「反日」を貫くのであれば、あそこの国名自体、成り立たなくなるのである。どうする気か。確か、人民も、共和も、日本が明治維新のときに英語の翻訳語として造語した言葉なのである。
もっとも、あそこの図々しさは、日本がこれらの用語を盗んだ、と言いかねないが・・・。

表面では交渉を続けないといけないのかも知れない。邦人の安全が最優先だから。
しかし、ウラでは粛々と、全てのものやカネや人を、引き上げにかかるべきである。

そもそも、あんな国、国連の常任理事国である、という資格はない。
資格がないと言うより、常任理事国の座を簒奪(さんだつ)した、と言うのが正しい。

そもそも、国連の常任理事国というのは、第2次世界大戦の戦勝国が、戦後の地位をより高めるために作った制度である。だから、敗戦国=枢軸国 だった日本も、ドイツも、常任理事国になりたいと何度も試みたが、壁が大きすぎて果たせていないのである。

で、中華民国が戦勝国だったので、あそこの地域を代表する国として、中華民国が常任理事国になったのである。
だから、いくら支配地域が広大だからと言っても、中共には、常任理事国の資格など元々ないのだ。主としてアメリカの考えで中共との「正常」化を急いだついでに、あれを常任に入れ、中華民国をその座から追い出すということをやってしまった。だからあそこだけの責任ではないが、結果として、中共こそ、あの座を簒奪(さんだつ)したと言ってよい。中共こそ、盗人の最たるものである。

暴動の話の戻るが、マスコミも、「反日デモ」という言葉を多用していたのは、実にけしからん話だ。あれは明らかに暴動である。しかも、暴動の原因として日本政府のやり方がまずいとか、日本が悪いとか、そんな言説まで出てくるのだから、実に救いようがない。

暴動は暴動だ。デモとは違う。
これは、学校における犯罪を、「いじめ」などと言う用語で片付けてきてしまっていた体質と同じだ。

韓国とも問題を抱えていて、韓国でも反日デモが行われているが、あくまでもデモである。暴動にはなっていない。少なくともそう報じられている。韓国は韓国で怪しからんのだが、少なくとも国の成熟度という観点からは、中共などとは雲泥の差がある。民度が余りにも低い中共などとは比べるべくものではない。

(この稿さらに続く)

2012年9月 9日 (日)

韓国とは断交せよ

ずっと書こうと思っていて、いざ書こうと思うと気が滅入り、ハラも立つので中々実行できなかったのだが、韓国とは断交せよ、と声を大にして言いたい。

何で、ずっとイヤな思いをしながら、文句ばっかり言う国とつきあわないといけないのか。
何で、歴史的な事実を踏まえないモノ言いで、誤った歴史認識を声高に叫ぶ国と、いつまでもつきあわないといけないのか。
何で、天皇陛下に「誤りに来い」などと、無礼千万な物言いをする国とつきあわないといけないのか。
何で、従軍慰安婦問題といった、とっくに終った話を、いつまでも蒸し返しては騒ぎたてる国とつきあわないといけないのか。

そして、本来右がかった論説を主としているはずのフジ・産経系列のテレビの政治番組等で、あの国の不当性と無礼なモノ言いについて、もっと激しく論ずることを避けているのか。他局については言わずもがなだ。

また、何で、もっと継続的に、あの国の主張の不当性を、国際社会にアピールしてこなかったのか。

50年も「実効支配」されてしまった現状に鑑みると、もう手遅れだ。
本当に取り返すつもりなら、戦争するしかない。またはカネで買うしかない。

けど、まさか戦争するわけにはいかないし、今となっては、少々のカネをちらすかしても、応じる相手ではなくなった。

では、どうするか。

私は、ここに至ってはもう断交しかないと考える。
切に考える。

韓国に拠点を置く日本企業には、素早く「脱出」のてはずを整えてもらう。
かの地で制作された、これも誤った歴史認識に基づくことが多い歴史「ドラマ」はもちろん、彼の地発の「スター」「歌手」の類は、一切断ること。
こうしたことを進めて、相対的に、より困るのは彼の地のはずだ。

そして、かの島は、くれてやるのである。
十分すぎる因縁をつけて、「手切れ金」として、くれてやるのだ。

こうした、面倒で、人によっては「国賊」呼ばわりして来そうな手段を執ってでも、もうあんな国とつきあうのはやめるべきだ。

ハッキリ言うと、断交すべきだ。
断交しかない。

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

書評 資料室

Amazonアソシエイト

無料ブログはココログ