カテゴリー「学問・資格」の記事

2012年10月10日 (水)

山中教授のノーベル賞

まずは、大変めでたいことだ。
私は、受賞直後の夕方のニュースショーで採り上げられてすぐに知った。
事前にワイワイと番組内で「取れる可能性」について喋っていたが、「どうせ、またダメなんだろう」くらいに思っていた。年齢が若いということもあるし、具体的な成果・・・新薬の開発や再生治療の成功など・・・がまだ出ていない段階ということもあったし。

にも関わらず、受賞ということになった。

自慢じゃないが、2006年にマウスでiPS細胞の作成に成功したというニュースが流れたとき、新聞で見たのだったと記憶するが、「これはノーベル賞だ!!! 」と叫んだものだ。
結構、いいカンしてるでしょ。
何年かかるか分からないが、何れかの段階で受賞というのは予想していた。

早々にこんな予言(?)をしていたこともあるためか、古くさい言い方になるが、まるで自分のことのように嬉しい。

処が、色々な番組で紹介されるうちに、これまでの受賞者に比べても異様と感ずるほどまで、好意的かつ親しみと大きな期待をもって受け止められているようだと気が付いた。

それは、ある番組で言及していたのだが、内容が分かりやすいという点にある。
勿論、研究の手法や進めた方については、専門外である我々外部の人間に理解できるはずもない。しかし、期待される成果が、非常に分かりやすいのである。
この研究によって、どんなことが期待できるか、というのが分かりやすい。

多くの人にとって分かりやすいということは、換言すると、非常に基本的な技術に関することだ、ということになる。ということは技術の拡散に注意が要る。ある程度の拡散は仕方ないことだろうが、既に京大で基本特許を押さえているとのことで、かなり防げるだろう。

願わくば、日本で進んでいる応用研究が、一つでも多くの成果を生み出して欲しいものだ。国も、さすがにノーベル賞とあっては、予算をケチって行くことにはならないだろう。

さて、教授の最初の受賞記者会見の始まる直前、野田首相から電話が入り、続いて記者会見の最中に田中文相から電話が入った。
政治家ってサスガだと妙に感心させられたのだが、よく考えてみると、首相はギリギリ許せるとしても、田中のおばちゃんの電話はハッキリKY(気がめない)ではないか。
しかも、自分の考え方で文科省に予算措置をさせてきたわけでもない。

ともあれ、マスコミも、山中教授を引っ張り回すのは早々に切り上げ、早く、静かに研究ができる環境を整えて欲しいものだ。

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

書評 資料室

Amazonアソシエイト

無料ブログはココログ