« ホームページURL変更のお知らせ 他 | トップページ

2016年4月18日 (月)

シャープ崩壊

(日本経済新聞社 2016年2月。副題「名門企業を壊したのは誰か。お薦め度5)

最初にカミングアウトしておきますが、シャープOBです。

片山さんが社長になったのと同じ年に「卒業」しました。 リーマン・ショックが始まった頃で、濱野副社長が「危機的な状況。売れる物は全部売れ!と大号令をかけていました。
その後リーマン・ショックは何とかくぐり抜けることができたと認識していたのに、なぜホンハイなどという会社の軍門に降るまでに堕ちてしまったのか。

本書でそのプロセスが手に取るように分かり、「そういうことだったのか」と納得しました。

社是に「いたずらに規模を追わず・・・」とある通り、もともと身の丈に合った経営をする会社でした。身の丈に合わないものには取り組まない会社でした。慎重に慎重にコトを進める会社で、管理指向が凄く強く、ハッキリ言ってケチでした。キャッシュフローを重視し、できるだけ借金はしないようにしてきた会社でした。

液晶テレビで大成功を収め、「アクオス」が薄型テレビの一般名詞化してしまった頃もありました。 しかし、液晶テレビが売れに売れたのは、「地デジ化」が迫る中で、やむなく買う人が殆どだったということが殆どの理由。そう。それだけに過ぎない。
けど真実を見抜こうとせず、技術力を含めて自分の力によるものと過信したのが元々の誤りの源。その意味で片山さんがシャープを崩壊に導いた張本人であるというのは私を含めてかなりの人が指摘している通りです。

しかしそれだけではない。

崩壊の過程の説明に人事抗争を持ち出すのは、理解はしやすいのだが一面的に過ぎると思う。 銀行出身の取締役の発言力が強くなりすぎ、生え抜きの取締役の思惑通りにコトが進まなくなってしまった。これはWBSなどでは報道されたが本書では触れられていない。結局、銀行出身の取締役の賛成多数でホンハイの参加になる道を選んでしまった。

そして、もっと基本的なことは、「お客様が欲しいと思って下さる商品」が創り出せなくなってしまったこと。これはシャープだけではない。

端的に言うと、殆どの商品が各家庭で溢れかえるようになってしまっているということ。洗濯機も冷蔵庫もエアコンも掃除機もテレビも、もはや買替え需要が見込まれるのみ。

そしてこの基本的なことに触れていないのは日経ならではの書き方だ。

尚本書が上梓された段階では、ホンハイ傘下に・・・という寸前までは行っていたとはいうものの、まだ決定はしていなかった段階であった。 その後傘下に入り、そのあとで出資額を値切られ、銀行出身の取締役の思惑とは全く異なる方向に進んでしまうこととなったのはご存じの通りである。

シャープに関心をもってきておられた方々には是非とも読んで頂きたい。もちろんシャープOBには必須の書と言うべきだろう。

 

« ホームページURL変更のお知らせ 他 | トップページ

「題なし」の雑感」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533778/63503697

この記事へのトラックバック一覧です: シャープ崩壊:

« ホームページURL変更のお知らせ 他 | トップページ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

書評 資料室

Amazonアソシエイト

無料ブログはココログ