« 2014年11月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月30日 (金)

海賊とよばれた男 (上)(下)

(百田尚樹著。講談社。(上)2012年7月11日第1刷。2013年4月30日第23刷。 (下)第1刷同上。2013年4月26日第22刷。 お薦め度 何れも 5)

出光興産という会社には、昔から関心があった。と言うか、リスペクトしてきていた。

大きな要因は、「題名のない音楽会」の単独スポンサーを、1964年の番組開始時から一貫して続けてきいる点である。別ページ「ミニ音楽評」でも度々取りあげているように、私がずっと見続けていて(武田鉄矢時代は全く見ず、羽田健太郎時代は飛び飛びだったが)、こうした番組を民放で続けて行っているという姿勢に感嘆し、また時折現在でも触発される、音楽に関する知的な悦びを喚起する番組として、大切に思っている。

もう一点、永らく非上場で、かつ海外の会社と殆ど提携することなく、独立した立場を続けてきていることである。学生時代にアルバイトで石油業界の市況を纏める仕事をしたことがあり、調べて行く中でそのことを改めて知った。

このため、出光興産の創業者の一代記として宣伝されたこの本が出たとき、迷わずすぐに手許に取り寄せた。2013年の本屋大賞をとったということもあるが、何回か「本屋大賞」の看板につられて失望した経験もあるので、出光興産の創業者の話でなければ読まずにいたかも知れない。

ストーリーを追って紹介するのは控えるが、とにかく痛快。とくに、下巻で戦後のことに話が及んで行くと、面白くてやめられなくなった。一つ前の記事で取りあげた「尖閣問題」では読後怒りに震えて眠れなかったのだが、本書は読後も暫く興奮冷めやらず眠れなかった。
とにかくこの著者はストーリー運びが巧い。

上岡龍太郎が司会だった時分によく見ていた「探偵ナイトスクープ」だったということもあって親しみもあったし、佐渡時代になったからの「題名のない音楽会」にも出たことがあり、中々の見識も披露していて、益々親しみを感じた。

だから、本ブログで久々に「常推薦」とすべき本に出会ったナ・・・と思っていたほどである。
あの一件がなければ。

あの一件とは、都知事選に立候補した田母神の応援に回った件である。
よりによって田母神はないでしょ。あの人は極右だよ。東京裁判を否定し、日中戦争を侵略でないとし、太平洋戦争(こうした人たちは必ず「大東亜戦争」と称したがる)も防衛戦だと言う。私はこうした考え方をする人には全く賛同できない。安倍首相もそうしたことを匂わせる考え方で、田母神と同じ価値観のようだから危険なのだが・・・。

というわけで、もうこの著者の作品を読む気は失せた。
しかし、作品の面白さは捨て難い。従って、お薦め度は2冊とも 5 とし、リンクも付けておく。ただ、既に文庫化されていて原本は入手しにくいようなので、文庫の第1巻のみリンクしておく。

余談だか、リンクを貼るついでに読者レビューを見たら、随分酷評されているようだ。ひょっとしてあの一件がなかったら、また大阪でなく東京を中心に活動してきた人だったら、もう少しマシなレビューとなったかも。

2015年1月12日 (月)

検証 尖閣問題

(孫崎享編。岩波書店。2012年12月21日第1刷。お薦め度 -5)

この本についてはマイナスの評価しかできない。
読後、怒りに震えて眠られなかったほどだ。

通常こうした本に出会ってしまったら、何も書かずにブックオフに直行・・・とするのだが、この本ばかりはそれもしない。廃品回収行きとする。リンクも付けない。

批判の一言二言は書いてからと思っているうちに時間が経ったが、何がどういけないのか。

要は、尖閣問題とというのは、カイロ宣言・ポツダム宣言・サンフランシスコ条約に一貫して書かれている、「日本には本州・四国・九州・北海道の主要4島と、連合国が認めた若干の島々にのみ主権を認める」という処に立ち帰らないと解決できないと主張しているのだ。

「朝までナマテレビ」にも出たことがあるようだが、出席者一同から総スカンを喰ったそうな。あの、左翼が主流の番組においてである。

彼の主張は一部において正しいので、あまりこうしたことに関心を持って来なかった人は騙されてコロリと行くのだろうか。始末が悪い。
一部正しいのだが、その上で尖閣というのは沖縄の一部として連合国(米軍)が占領し、変換時も沖縄の一部として変換されたという事実はどう考えるのか。また、あの国がにわかに領有権を主張し出したのは、あの海域に資源が眠っているという情報をキャッチしてからだという事実はどうするのか、ということである。

彼の主張を通して行くと、沖縄まであの国のものとなってしまう。北方4島も、全部ロシア領だ。

私はこんな本、通常なら見向きもしない。手にとった理由は、ある大先輩が推薦していたから、という1点にすぎない。実に残念なことだ。

困ったことに、ときどきテレビで、「○○に詳しい」とか「元○○大使の」とか言ってコメントを取りに行ったりしているのだ。もう少し相手を見てコメントを取ってもらいたいものだ。
もっともっと、ずっと素晴らしい「元外交官」も「元大使」も存在するのだ。

だって、鳩ポッポとともに外交研究会などを立ち上げているのだ。押して知るべしだ。
ようやくこの一文を書く気になったので、即刻目の前から消えてもらうことにする。

まあ、それでも・・・という人は買って見てください。出版社などは一応記載しておいたので。まあマトモな人なら、「何じゃこれは」と思うのではないだろうか。

 

« 2014年11月 | トップページ | 2015年2月 »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

書評 資料室

Amazonアソシエイト

無料ブログはココログ