« 2014年7月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年9月

2014年9月10日 (水)

筆記具放浪記(13) ラミーの万年筆 そしてカクノ

ラミーの商品に手を出したのも、元々は万年筆を探すためだった。
後先になるが、ラミーの万年筆。これも、デザインや軽さはン? という処があったが、品質の良さには驚いた。少し硬めのペン先だが、滑りは悪くない。

こうして手にしてみると、ドクター愛用というのも、少々ラフに使っていても大丈夫そうであること、そして、安っぽさに繋がる要因でもある「軽さ」が大きなメリットであるように思えてきた。
デスクから誤って落としてしまい足に当たっても怪我をしにくいのだ。これは自分で経験して分かったことだ。

で、パイロットの万年筆を色々と探していた頃、「カクノ」というシリーズがしょっちゅう目に入った。
ラミーの軸も角張っていてカラフル。カクノも角張っていてカラフル。ひょっとしてラミーを真似したのではないかと疑ったのだが、これも手にして驚いた。

何とぶりスターパックに入った状態で届いたのである。ラミーだって安そうだとは言え紙のシッカリした箱に入って届いたのに。これはないだろうと思った。
それに、写真で既に分かっていたことだが、何年筆なのにクリップがないのだ。何じゃこれは。

しかし、書いてみて今度は品質の良さに驚くこととなった。
軽いし安っぽいし、どうにもならないのだが、ペン先の書き味はどこかで体験している。
って、これ、コクーンの書き味ではないだろうか。
結局気に入って、細字用と中字用を揃えてしまったのである。

あとで、これが日経トレンディ7月号で(本日現在、まだ売っているみたいだから、手に取られてはいかが?)、上半期ヒット商品ランキングで、「ゲーム・玩具・文具」部門で6位に入賞した商品であることを知った。
そして開発のコンセプトとして、「ターゲットは子供とし、新しい需要を開拓する。但し、書き味は大切にし、3000円クラスのものと同等とする」ということだった。
私が「コクーンの書き味」と書いたのだが、当たっていたわけだ。しかし、コクーンが持ちにくく指が痛くなってしくまうのに、カクノは持ちやすい。
これは売れるわけだ。安いこともあって、子供だけではなく大人まで幅広く売れているらしい。半年で30万本売れたそうだ。クリップがないのも、筆箱に入れるなりデスク専用とするなりという使い方なら、さほど不便は感じないわけだし。

パイロット自体の業績も、これによって上昇したようだ。
しかし、コクーンを買う理由は、カクノによってなくなったとも言える。痛し痒しなのではないか。

ここで、私の、筆記具マイブームは終わった。
現在、結局パーカーは余り使わず、万年筆はパイロットのカスタム74。
ボールペンとシャーペンはラミーを常用している。

ちなみに、カクノとラミーの万年筆だが、何れも、2週間ほど使わず、何の手入れもしなかったとき、スッと書き出すことができた。サスガに立てて置くのは無理があったが、トレイに寝かせておくと大丈夫だった。

2014年9月 9日 (火)

筆記具放浪記(12) ラミー 驚きの品質

結局、元々の目的が、何れもパーカーの、万年筆とシャーペンで代わりのものが必要となった・・・ということに何の解決も何の代替もなく終わってしまうに不満が残っていたこともあり、折角何本かは中古買い取りに売ってペン立てもペントレイも空いてきたのに、またまた何本かに手を出すこととなった。

まず、ラミー。
これは、パーカーで検索すると何故か幾つかの商品が紛れて表示されるので、ずっと気になっていた。写真を見ると「あり得ないでしょ」というくらい、安っぽいデザインだ。色が妙にポップなのと、何と言っても巨大なクリップ!
しかし、よくよく見ていくと、病院などでドクターが愛用・・・という記載があったりする。

で、騙されたと思って一度手にしてみることとしたのである。

いざ手許に来てみると、驚いた。余りの軽さに驚き、しかしすぐ次に品質の良さに驚いた。
そして、何と言ってもドイツ製らしいさいうこと。「ドイツで設計した」ということなのか「ドイツで製造した」ということなのか、私の英語力では判別し難いが、クロスのボールペンなど既にどこ製か分からなくなっているのに(以前はメイド・イン・USAだったのだ!)、大したものである。

途中の敬意は省略して、現在の結論とお薦めだけを挙げておく。
ボールペン。現在パーカーを押さえて私が最も日常使いをしている。「アルスター」シリーズよりも、「サファリ」シリーズが持ちやすく使い易いはずだ。私は何本か色違いで買ってしまったが、イチ押しはブラック系。何と言ってもノック式であることが大きな特長。
ボールペンはノック式が良いのに、なぜこの方式が少なくなったのだろうか。

シャーペンも同様に中々いい。何と言っても、Wノックであるのが凄くいい。これもサファリシリーズから・・・。

順序が後先になるが、本来は、このラミーも、万年筆を探すのが目的だった。
これについては次回・・・。

2014年9月 8日 (月)

筆記具放浪記(11) 結局、中古買い取りで処分

色々と買っているうちに、ペン立てもペン皿も溢れてきて始末に終えなくなってきたので、中古買い取りに出して処分することにした。

嫁さんも娘も余りこうしたものには関心を示さないし、既に何本かは押しつけていて、これ以上は要らないということになってもいた。

で、色々とネットで調べていると、「キングダムノート」というサイトに行き着いた。
「ワンプライス買い取り」というキャンペーンをやっていて、成約2本以上だと買い取り価格を優遇というのもあったので魅力を感じた。

さらに調べると、これは「シュッピン」という会社が運営していて、その会社はレッキとした上場会社で、社長兼創業者は鈴木慶と言って、ソフマップの創業者でもある。
私が現役時代に商談でお越しになったのをお見かけしたことがあり(お話はしたことない)、また私のパソコン歴の初期はソフマップでMacを買ったり買い換えたりしていたので親しみも感じた。

ちなみにソフマップは経営難に陥り、丸紅傘下を経てビックカメラ傘下に移行。その後完全子会社となり上場廃止となったようだ。

ともあれ、何度かメールで問い合わせして、「キングダムノート」で売却することとした。
ちょっと誤算だったのは、パイロットの「コクーン」「カヴァリエ」、クロスの「クラシックセンチュリー」など、3000円クラス以下のものが「買い取り対象外」だったという点だ。

結果、何本かは余ったが、余り愛着が湧きそうにない万年筆とボールペンの数本が手許から消え、幾らからのお金が手許に来た。

これで終わりにしようと思っていた。
本当にそう思っていたのだが、結局、もともとパーカーの万年筆の調子が良くなく、同時期にパーカーの(ずっと愛用してきていた)シャーペンの替えを探すことから始まっていたのに、何の進展もなく何の解決にもならず不満が残ってしまうのもイヤだった。

このため、また色々と買い込んでしまうことになったのである。

2014年9月 7日 (日)

このページの記事の中の、以前の記事を移行しました

本来の「書評」にあたる記事を、私のホームページの「題名のない図書館」内、「書評アーカイブ」及び「書評 資料館」に移行しました。

右サイドバーのリンクメニューにも加えています。

ホームページ上の最新公開日は8月24日としていますが、その後各ページで何点か不具合があったことと、記事中に別の本の記事を引用している場合に、リンク(ラベル)を追加するなどのため時間を要し、当ページで改めてお知らせするものです。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年11月 »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

書評 資料室

Amazonアソシエイト

無料ブログはココログ