« 絶滅したLDをDVD化する(7) | トップページ | 最善のコンパクトデジカメ PowerShotA1400 »

2013年4月30日 (火)

ユーザー無視の規格 HDMI (1) 誰のための規格?

何でこんな規格ができたのか。

当初・・・というか、かなり最近まで、私は何の疑問も持っていなかった。ハイゴジョン規格の映像をそのまま通し、音声もそのまま伝えるということで、HDMIって優れた規格だと思っていた。1台の液晶テレビに接続すべくBDレコーダを新規購入したときも、ケープル1本で接続できて便利だし、確かに映像はキレイだったので、何の疑問もなかった。

ところが、別のテレビはオーディオからも音が出せるように組んでいるのだが、そこに、別に買ったBDレコーダを接続しようとして、ハタと困ってしまった。
D端子が、なくなってしまっているではないか。
こちらのシステムでは、映像をD端子で接続し、音声をRCA端子で接続するようにしている。DVDレコーダを、そのようにして接続していた。

それを、BDレコーダに置き換えようとしたのに、これではどうにもならない。せめてS端子・・・と思ったが、それもなくなっている。

ネットで色々と調べてみると、著作権の問題などが色々うるさくて、こんなふうになったらしい。

しかし、だ。確かに音声と映像が1本のケーブルで接続できると言うのは便利だ。
だが、HDMIで接続すると、音声をRCA端子などの別系統で取ることもできなくなってしまう。著作権も大事だが、こんな規格、よく成立させたなあ。

音声と映像を分けたいというニーズ、結構あるのではないか。AVシステムの中に組み込んで、音声は音声でそれなりの装置で出したい・・・つまりAVシステムのユーザーと言っていいと思うが・・・そんな人、多いのではないか。少なくとも、殆どのテレビの貧弱な音声に我慢ならない人は多いはずだ。そうであれば、行き着く先は結局AVシステムということになる。ボディが薄くなったがために、音質を犠牲にしてしまった面もあるだろう。価格競争の果てに、守るべきスペックが分からなくなった各メーカーのなれの果てか。
とりあえず、「見る」ことが主眼で音声はさほど気にしない、という人にとっては、どうでもいいのだろうけど。
けど、これって、かなりの数のAVユーザーを見捨てていることに他ならないではないか。

で、AVユーザーを見捨てて、これの市場が成り立つとは思えないのである。
HDMI接続したときも、音声は音声で別に取り出せるような規格であるべきだったのだ。まあそれではD規格と実質上同じになるほけだが。

いったい、誰のための規格なのか。

2台めのBDレコーダを買ったとき、1台目よりも録画容量が大きかったので、これをメインシステムにして・・・など、それなりに楽しみにしていたのだ。でも、テレビ側にHDMI端子がなく、D端子とS端子。レコーダ側にはHDMIしかなく、D端子もS端子もない。これでは接続できない。せめて、HDMI接続したときでも、音声は別に並行して取り出せるような規格にしておくべきだったのだ。こんな、ユーザー無視の規格は、実に腹立たしいことだ。

(この稿続く)

« 絶滅したLDをDVD化する(7) | トップページ | 最善のコンパクトデジカメ PowerShotA1400 »

「題なし」の雑感」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533778/57265353

この記事へのトラックバック一覧です: ユーザー無視の規格 HDMI (1) 誰のための規格?:

« 絶滅したLDをDVD化する(7) | トップページ | 最善のコンパクトデジカメ PowerShotA1400 »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

書評 資料室

Amazonアソシエイト

無料ブログはココログ