« 最低最悪のOS Windows8 絶対に買ってはいけない(4) | トップページ | 最低最悪のOS Windows8 絶対に買ってはいけない(6) »

2013年3月30日 (土)

最低最悪のOS Windows8 絶対に買ってはいけない(5)

(前稿より続く)

さて、Windows8(以下「8」と略記)をWindows7(以下「7」と略記)にダウングレードさせることを決断したのだが、何分ダウングレードなんてやったことはなく、無事に終わるまでは緊張の日々が続いた。アップグレードなら何度かやってきたのだが。

まず、前稿や前々稿でも触れた「引越しソフト」だが、ダウングレードに対応しているものは皆無。私が購入したもの以外にも色々と調べたのだが。
となると、多くのソフトは自分で再インストールすることになる。それまでにデータを「疎開」させる意味で、以前から、何れは買おうと検討していた外付けハードディスクを導入した。

そして、「7」搭載のPCを買うことも考えたが、置き場所がとれないのと、折角買ったばかりのPCが無駄になることでもあるので、悩みに悩んだが、OSのみの導入とした。

さて、ここからは、デルのサポートと、ヨドバシカメラに、最大の敬意と最大の感謝とともに書いてゆくこととしたい。

私の購入した「8」PCは、ダウンロード権は付与されていない機種だった。また、「8」で出荷しているものを「7」に変更すると、サポート対象外となるとも言われた。
それでも、何とかならないか相談を続けていると、OSに関する相談の場合は「8」に戻してもらう可能性がある、というのが大きな条件で、それ以外は面倒を全くみないわけではない由だった。それだけでなく、ダウングレードの手順と、ダウングレード前後にインストールしておくべきドライバも案内してくれたのである。

また、「8」PCは64ビット版だったが、「7」でも64ビット版にする必要がある。「8」のプロだったが、「7」でもプロにするという必要はないこと。これらは、デルに相談した内容と、色々なページを調べているうちに分かった。

そうなると、私は「プロ」を使う気には全くならなかったし、「プロ」だと高い。これ以上の出費は控えたいという気持ちもあり、「ホームプレミアム」が選択肢ということになる。

ここではDSP版というのを挙げておく。DSP版というのはOEM版のこと。主としてハードメーカー用に提供される。これが自作PC用にも提供されているのであり、自作PCということで、何らかPCのパーツと一緒に販売されている。
結構これも悩んだが、信頼性とか保証とかを、どこまで信じるか。万一インストールに失敗したとき、面倒を見てくれるのか、マニュアルはついているのか、など、大きな不安があったのだが、さらに調べて行くと、ヨドバシカメラで、新品の、パッケージ版の「7」ホームプレミアムが買えるということが分かった。

そうなると、発注してあとは到着するのをawaitだけだ。

(この稿さらに続く)

« 最低最悪のOS Windows8 絶対に買ってはいけない(4) | トップページ | 最低最悪のOS Windows8 絶対に買ってはいけない(6) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533778/57050910

この記事へのトラックバック一覧です: 最低最悪のOS Windows8 絶対に買ってはいけない(5):

« 最低最悪のOS Windows8 絶対に買ってはいけない(4) | トップページ | 最低最悪のOS Windows8 絶対に買ってはいけない(6) »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

書評 資料室

Amazonアソシエイト

無料ブログはココログ