« 最低最悪のOS Windows8 絶対に買ってはいけない(2) | トップページ | 最低最悪のOS Windows8 絶対に買ってはいけない(4) »

2013年3月28日 (木)

最低最悪のOS Windows8 絶対に買ってはいけない(3)

(前稿からの続き)

そもそも、これまで使っていたVista搭載のPCが、何となくだが、不可解な動きをすることが多くなってきたような気がし始めたことがキッカケだった。
そして、

  • finaleで作る楽曲データが、少し重くなると危ないこと、mp3ファイルの立ち上がりが極めて遅いのは以前から気になっていた。嫁さんのPCもVistaなのだが、遙かに速い。だから、finaleによる楽曲制作も、データ量が大きくなるときは、嫁さんのPCを使うことも多かった。
  • また、mp3ファィルをCDに焼きたいことがあったのだが、WindowsMedia Playerで可能なはずなのに、全くできなかった。

私のは、Vistaでも初期の頃の版だったのか。けど、初期だとしてもmp3ファイルが焼けないなんてなあ・・・。

こうして幾つかの要因が重なってきたとき、デルのページを中心に色々と何度も眺めているうち、メモリ容量無償追加サービスというのがあり、思い切って乗ることにしたのである。

PCの買い換えを決意するまで、いずれ書く予定だが、色々と理屈をつけては散財していて、「アベノミクスに早めに乗った」などと言ったりしていたのだ。しかし、さらにPCの買い換えという段に及んでは、もはやヤケクソに近い気分にもなった。緩めた財布のヒモの、底が抜けてしまった、といった感じとも言える。

PCそのものが変わり、OSも変わるというわけで、いわゆる「引っ越しソフト」で何かいいものはんいか、と並行して当たっていた処、データ、ファイルだけでなくソフトも引っ越しできるというものを見つけた。

新しいPCが到着した処で、早速この引っ越しソフトで移行作業を進めた。時間こそかかったが、確かにデータ、ファイルだけでなくソフトも引っ越してくれた。これは便利だ。私は専用のUSBリンクケーブルと称するものが付いた版を買った。幾つかの版があるが、これがやはりオススメだ。

このソフトに任せるだけでは移行しないのは、次の3点だった。

  • finaieはインストールし直す必要があった。
    また、インストールし直すことによって、1ライセンスに対するPCインストール数の限界を超えたので、従来のPCでいったんライセンス認証の解除が必要だった。
    2台のPCまで許容されているのだが、既に2台にインストールしライセンス認証済み。なので新しいPCは3台目と認識され、ライセンス認証そのものができなくなるわけだ。
  • セキュリティソフトは移行できない仕様。
    セキュリティソフトとして私はマカフィーのウィルススキャンを使い続けている。これまで使っていたPCで更新契約しダウンロードしたばっかりだったが、新しいPCにプレインストールされているものと、うまく連続しなかった。
  • IMEが大嫌いなのでATOKを使っているが、インストールし直す必要があった。
    インストールし直しても、作り溜め保存し続けていたユーザー辞書は移行できず、USBメモリを介してコピペする必要があった。

あとは・・・見事なものだった。ほぼ全てのデータ、ファイル、ソフトに至るまで、設定も含めてキッチリ移行できていた。

ここまでは良かったのだ。
いや、上記の通り、移行できたものとできなかったものを確認したのだが、そこに至るまでに、既に「え?」と思うことに早くも遭遇することになったのだった。

(この稿さらに続く)

« 最低最悪のOS Windows8 絶対に買ってはいけない(2) | トップページ | 最低最悪のOS Windows8 絶対に買ってはいけない(4) »

「題なし」の雑感」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533778/57044778

この記事へのトラックバック一覧です: 最低最悪のOS Windows8 絶対に買ってはいけない(3):

« 最低最悪のOS Windows8 絶対に買ってはいけない(2) | トップページ | 最低最悪のOS Windows8 絶対に買ってはいけない(4) »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

書評 資料室

Amazonアソシエイト

無料ブログはココログ