« 2012年10月 | トップページ | 2013年3月 »

2012年11月

2012年11月16日 (金)

BDからラベルプリント用のスナップショットを録る(切り取る) 続き

2012年9月30日付けの記事で、ラベルプリント用画像を、DVDではできたのにBDになってからできなくなったので、まず外付けBDドライブを購入したがまだダメだったので、結局テレビ用のBDプレーヤーを購入し、変換コードとともに紹介した。
BDプレーヤーはパイオニア製、変換コードはブリンストンテクノロジー製である。

そのときも書いたのだが、このDVDではAV端子から出力するときは、自動的に画質を落とすという仕様となっている。
何とかラベル用であれば我慢できないこともないが・・・といった主旨のことを書いた。

しかし、もう少し何とかしたいと思って探していたら、あるものですねえ。
HDMI端子からの出力をS端子用に変換する変換器があったのである。
上記の変換コードには、S端子がある。試してみない手はないと考えた。

ご存じの方も多いと思うが、BD機器やDVD機器、テレビなどを接続する映像用コードとして、最も高画質なのはHDMI端子で、次いでD端子、その次がS端子、最も画質が劣るのが通常のAV端子である。

この内、D端子は・・・決してデジタルの意のDではないのだが・・・比較的高画質であることから、コピー等の品位が高く、著作権の観点から、ある時期から機器に搭載されなくなった。
私宅の例を紹介すると、最近テレビ接続用のBDプレーヤーとして2台目を購入した。2台とも同じパナソニック製なのだが、1台目では付いていたD端子が、2台目には付いていなかった。

コストダウンのための仕様ダウンなのかと思ったら、そうではなく上記の観点かららしい。パナソニックのページに、D端子廃止の主旨が掲載されていた。
これによって、HDMIをまだ搭載していなかった時期のテレビと接続することを考えていた当初の計画が完全に崩れてしまったのだが、それはさておき。

結局、現時点となっては、変換しても、D端子の画質を得ることは実質上不可能ということになっているので、S端子程度の画質で我慢する他はないわけだ。

使ってみた。
結構使える、というのが率直な処だ。

通常のAV端子がS端子になって、最初に紹介した機器と接続て使うと、僅かではあるが明確に画質は向上した。僅かというのは、スナップショットされた画像がbmpなのだが、この形式のとき差がみられるということだ。ペイントでjpegに圧縮してしまうと、差が出ない。

私の使っているラベルプリントソフトはbmpも使えるので、それによってプリントしてみると、僅かだが改善が見られた。結局これらをつないで使うこととした。

注意して欲しいのは、結構熱を発するということ。だから、周囲にはなるべく空間をあけて設置するのが良い。
もう1点。基本的なことだが、AV端子やS端子からの出力を、HDMI端子につなぐための、アッパーコンバーターなる機器は多い。それと間違えないことだ。

2012年11月11日 (日)

まあ一応直ったんですがね・・・ホームページピルダのftp

前稿の続きです。

何をやっても、何度やっても修復しないので、以前のバージョンの再インストールを試みることにした。
結果、これでも動かない。

で、ひょっとして・・・と、ftp転送設定の数値を全てクリアし、再入力した処、ようやく通じた。

結果オーライなのたが、転送設定の数値が変るなどということは、サーバのせいではなく、ソフトのせいだと考えるのが妥当ではないだろうか。それも、V17をインストールした後に発生したのだから、V17のせいだと言うことになる。

世話になってきた、また世話になり続けているソフトの会社の製品の悪口は言いたくないいが、以前のバージョンからV17へのアップグレードを検討している人には、「やめとくべき」と言うしかない。残念だ。

ホームページビルダ17 最悪のソフト

一体どうなっているのか。

ジャストシステムは、ずっと世話になってきているし、ホームページビルダも然りなので余り悪口は言いたくない。1回だけバージョンアップを休み、今度のV17は、予約して入手した。バージョンアップではいつもそうしているのだが、「できる」シリーズがバンドルされた版にした。

手許に届いて即、「しまった」と後悔するハメになった。

「できる」がバンドルされているので、まずこのテキストに目を通してから作業することにしているのだが、後悔の念が先にたって、作業する気力も失うほどだった。

私に言わせれば、より軽く、より多くの機能が使えるようになるというのがバージョンアップのキモであり、ユーザーインタフェースを変えたり・・・多くの場合、他社のソフトでも言えるのだが、「改悪」しているだけのことだ・・・これまでのユーザーを軽視するものであってはならない。というか、ならないはずだ。

それがどうだ。「できる」では、WordPressという処(ジャストが運営するプロバイダなのだろう)への移行を前提として書かれていて、以前のバージョンで作ったもサイトも、そこに移行することを推奨している。
前宣伝に記載されていた多くの新機能は、ここに移行することによってしか実現できないようなのだ。

誰がそんなことやるかっての。そもそも、バージョンアップ版というのは、以前から、以前の版によってホームページを構築してきた人だけが買うのではないのか。私も然りだが、その、結構大きなサイトにしていっているものを、新しい処に移すほどヒマじゃないって。

プロバイダを変えるのがイヤだったから、プロバイダ込みのサービスとしてCATVでの地デジ配信が始まりそうだったのを嫌い、そうした縛りのないフレッツ光で地デジ対応したほどなのだし。また、既に本来のニフティだけでなく、ラクーカンにもサイトを持ったので2つのサイトを持っていることになる。その全部を軽視したようなことはできない。やりたくもない。

「できる」本ではなく本来の取説では、僅かにだが一応、以前のバージョンからの移行についても触れている。

まあ折角買ったことだし、テプレートの幾つかも見てみようかという気にようやくなって、インストールした。もちろん以前のバージョンと併用する形で。

処が、このV17のユーザインタフェースが全く理解しがたい改悪が施されているのだ。こんなものを新たに使う気力はない。

で、以前のバージョでそのまま新しいファイルを作成。できた処で転送ツールを立上げたら・・・何と、立ち上がらない。途中で停止してしまう。何度゛やっても同じだ。以前のバージョンの転送ツールの他に、V17の転送ツールも使ってみたが、同じだ。

どうやら2つのバージョンを併用しているのが災いのモトか、と推定し、今度はV17のアンインストールを。

これがまた、やたら時間のかかるアンインストール。

やっとアンインストールした処で、再度以前のバージョンの転送ツールを立上げたら・・・って立ち上がらない!?I
何度も試みたが一向にラチがあかない。

これは、ひょっとして転送ツールが壊れたのではないか。転送設定の値には異常は見られないので、何がどういけないのか、改めて確認しながらということになった。

何で、ファイル一つ転送するのに、こんな手間がかかるハメになるのか。
V17は手許に来た途端に失敗したと思って結局悪い印象たせったので、本当はV17のせいではないのかも知れない。しかし、以前のバージョンアップ版は何れの場合もスンナリできたし異常は起こらなかったのだ。
この事実に鑑みると、やはりV17のせいではないか、と疑いを強くしている。ジャストシステムたるものが、いったいどうしちゃったのか。

ああ面倒なことになった。
で、結局深夜に及んでも解決いないので、深夜にこのページを書くこととなった。

しかも、よくよく見ていると、結局は

« 2012年10月 | トップページ | 2013年3月 »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

書評 資料室

Amazonアソシエイト

無料ブログはココログ