« まあ一応直ったんですがね・・・ホームページピルダのftp | トップページ | 最低最悪のOS Windows8 絶対に買ってはいけない(1) »

2012年11月16日 (金)

BDからラベルプリント用のスナップショットを録る(切り取る) 続き

2012年9月30日付けの記事で、ラベルプリント用画像を、DVDではできたのにBDになってからできなくなったので、まず外付けBDドライブを購入したがまだダメだったので、結局テレビ用のBDプレーヤーを購入し、変換コードとともに紹介した。
BDプレーヤーはパイオニア製、変換コードはブリンストンテクノロジー製である。

そのときも書いたのだが、このDVDではAV端子から出力するときは、自動的に画質を落とすという仕様となっている。
何とかラベル用であれば我慢できないこともないが・・・といった主旨のことを書いた。

しかし、もう少し何とかしたいと思って探していたら、あるものですねえ。
HDMI端子からの出力をS端子用に変換する変換器があったのである。
上記の変換コードには、S端子がある。試してみない手はないと考えた。

ご存じの方も多いと思うが、BD機器やDVD機器、テレビなどを接続する映像用コードとして、最も高画質なのはHDMI端子で、次いでD端子、その次がS端子、最も画質が劣るのが通常のAV端子である。

この内、D端子は・・・決してデジタルの意のDではないのだが・・・比較的高画質であることから、コピー等の品位が高く、著作権の観点から、ある時期から機器に搭載されなくなった。
私宅の例を紹介すると、最近テレビ接続用のBDプレーヤーとして2台目を購入した。2台とも同じパナソニック製なのだが、1台目では付いていたD端子が、2台目には付いていなかった。

コストダウンのための仕様ダウンなのかと思ったら、そうではなく上記の観点かららしい。パナソニックのページに、D端子廃止の主旨が掲載されていた。
これによって、HDMIをまだ搭載していなかった時期のテレビと接続することを考えていた当初の計画が完全に崩れてしまったのだが、それはさておき。

結局、現時点となっては、変換しても、D端子の画質を得ることは実質上不可能ということになっているので、S端子程度の画質で我慢する他はないわけだ。

使ってみた。
結構使える、というのが率直な処だ。

通常のAV端子がS端子になって、最初に紹介した機器と接続て使うと、僅かではあるが明確に画質は向上した。僅かというのは、スナップショットされた画像がbmpなのだが、この形式のとき差がみられるということだ。ペイントでjpegに圧縮してしまうと、差が出ない。

私の使っているラベルプリントソフトはbmpも使えるので、それによってプリントしてみると、僅かだが改善が見られた。結局これらをつないで使うこととした。

注意して欲しいのは、結構熱を発するということ。だから、周囲にはなるべく空間をあけて設置するのが良い。
もう1点。基本的なことだが、AV端子やS端子からの出力を、HDMI端子につなぐための、アッパーコンバーターなる機器は多い。それと間違えないことだ。

« まあ一応直ったんですがね・・・ホームページピルダのftp | トップページ | 最低最悪のOS Windows8 絶対に買ってはいけない(1) »

テレビ番組」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533778/56119063

この記事へのトラックバック一覧です: BDからラベルプリント用のスナップショットを録る(切り取る) 続き:

« まあ一応直ったんですがね・・・ホームページピルダのftp | トップページ | 最低最悪のOS Windows8 絶対に買ってはいけない(1) »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

書評 資料室

Amazonアソシエイト

無料ブログはココログ