« IE8はどうしようもない 時間の無駄 | トップページ | Print musicでDTMを始めてしまった 続き »

2011年7月12日 (火)

PrintMusicでDTMを始めてしまった

ホームページの主として「題名のない音楽館」の作品論に譜例(説明している箇所が分かりやすいように引用される、作品の楽譜の一部)を入れたいと思い、手書き用の写譜ペンや楽譜用のフォントなどを色々と試しているうちに、Finale Note Pad というソフトに出会った。

マーラーの交響曲第1番には、これを使って譜例とその部分の音を埋め込んだのだが、安価なだけあって、機能的にどうしても満足できなくなってきた。それもあって、譜例を入れたのはまだ上記の、マーラーの1番だけだ。

Finale Note Pad はFinale というソフトの最も簡略化されたもので、こうなるとFinale に進むしかないのかなあ、と思ってさらに探しているうち、比較的安価で殆どフル機能が入っている PrintMusic という存在を知った。これもFinale のグループ。

手許に取り寄せて使い始めたが、これが中々の優れモノなのである。既にFinale Note Pad によって印刷の美しさは十分認識していたが、それに加え PrintMusic では、入力できる楽譜の範囲が格段に拡大している。
ひとつだけ例を挙げると、付点音符。
Finale Note Pad では1つの付点だけだったか、複付点まで可能だったか、何れにせよ、そこまで。ところがブルックナーなど、付点が3個もついたものが結構ある。PrintMusic では何と9個まで付点をつけることが可能だ。

そこで例しに入力し始めたらやめられなくなってしまい、遂に本日分の書評などの記事を書く時間がなくなってしまった。

やっているうちに、本来の、ホームページに譜例と音を入れるという目的から少し横にそれて、入力しながら曲が出来上がって行くこと自体を楽しくなってきたのである。

こうした分野をDesktop Musicと言う。省略してDTM。
パソコンを購入してからまだ日も浅い頃、Macでこれにハマってしまったことがある。その後Macから離れたこともあって遠のいていたが、こうした使い勝手のよいソフトの巡り合ったので、暫くの間はうつつを抜かすこととなりそうだ。

« IE8はどうしようもない 時間の無駄 | トップページ | Print musicでDTMを始めてしまった 続き »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533778/52190304

この記事へのトラックバック一覧です: PrintMusicでDTMを始めてしまった:

« IE8はどうしようもない 時間の無駄 | トップページ | Print musicでDTMを始めてしまった 続き »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

書評 資料室

Amazonアソシエイト

無料ブログはココログ