« 馬淵さんが首相 ? 面白いかも知れない | トップページ | PrintMusicでDTMを始めてしまった »

2011年7月 8日 (金)

IE8はどうしようもない 時間の無駄

久しぶりにMSのサイトに行ってアップデータを見ていたら、IE8が載っている。何年も前からしつこく載っているし、ボツボツIE8にしてみてもいい時期かと考え、実行してみたら、何たることか。

ここ数年、MSが提供するソフトの類は、有償無償に拘わらず、信用したらエライ目に遭うということが経験上分かっていた。それでも、いかにもパフォーマンスが良くなるように書いてあるし、そのうち(即刻、ということはないかも知れないが)IE8しかサポートしなくなる、と言うことに成りかねないとも思った。
嫁さん用のPCと自分用の両方面倒見ているので、まずは自分のものから、とDLしてみたら・・・! ?

DLにやたら時間は掛かるし、インストールが終ったらやたら重くなるし、何も良くなったように見えない。第一、ウェブの画像が全ておかしくなってしまった。どう調整してもおかしいのが直らない。
さあ、エライことだ・・・と色々と調べたら、アンインストールしたら元のIE7に戻る、ということが分かったので、アンインストールしたら、無事に元に戻って事なきを得たのである。
大いなる時間も無駄だった。いったい、何を考えて作っているのだろう。

ソフトがバージョンアップして、改善どころか改悪になる、というこの有様は、既にMSのもので2回は経験している。だから信用すべきでなかったのだ。しかし、天下のMSがマサカ・・・という思いも少しは残っているので懲りもせずやってみたわけだ。

2回のうちの1つは、Officeが97になった時だ。余りにもワケの分からないユーザーインターフェースになってしまい、どのボタンが何処に行ったのか、全く分からなくなってしまった。しかもWordは旧バージョンからずっと続いている、勝手に書式を変えていらない言葉を付け加える、という、「余計な親切」が残ったまま、というのだから始末におえない。
結局、現在に至るまで、まだ思うような操作ができないでいる。

もう1つは、確かそれに伴ってだったと記憶するが、IMEが改悪され、それ以前にも増してバカになったことだった。最近はどうなっているのか知らないが、少なくとも当初は、普通に日本語を打とうとしても、殆どマトモな変換をしないという状況だった。それはもう我慢の程度を越えたものだった。
当時、同じような思いをした人が多く、遂には「MSは市場の重点を中国に移し、そのため日本語の開発者が手薄になった」という噂も出た。

そこで多くの人が薦めていたのが、ジャストシステムの、ご存じATOKであった。私も我慢がならなくなって導入した。

実は、パソコンを始めた頃、Macだったのだが、Macの「ことえり」も、少なくとも当時はかなりバカで、イライラのし通しだった。そこでATOKを導入したのだが、如何せん、当時のMacでは重すぎた。変換はスムーズになったが、重さにイライラする場合の方が多くなり、何年かはつきあったが結局放棄した。Macの性能が良くなって行くとともに、「ことえり」も少しずつ「まし」になっていったような記憶もあり、そのためもあってATOKを放棄したのだったのかも知れない。

そんな記憶かあるので、ホンのちょっとだけ導入することが心配だったのだが、全くの杞憂だった。Vistaになってからの導入だったと記憶するが、重くなることはないし、何よりも、普通に日本語を打って普通に変換してくれる。これが大きい。こんな当たり前のことが「大きい」と言わざるを得ないほど、IMEはひどかったのだ。

ATOKも時折バージョンアップがあるので、ここに挙げたものは私が愛用しているバージョンとは異なるが、MSのような「改悪」はないと信じる。もしも、よりスムーズな日本語入力をしたいのであれば、そしてまだ導入されていないのであれば、是非とも導入されるよう、強くオススメする。

IE8の話から脱線したが、IE8の導入は、お奨めしない。

« 馬淵さんが首相 ? 面白いかも知れない | トップページ | PrintMusicでDTMを始めてしまった »

「題なし」の雑感」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533778/52152885

この記事へのトラックバック一覧です: IE8はどうしようもない 時間の無駄:

« 馬淵さんが首相 ? 面白いかも知れない | トップページ | PrintMusicでDTMを始めてしまった »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

書評 資料室

Amazonアソシエイト

無料ブログはココログ