« 「ひこにゃん」の謎 補遺 | トップページ | ホームページを更新しました »

2011年5月20日 (金)

「西日本が頑張ろう」と言うのは火事場泥棒か?

直接そのときの会見を見聞したわけではないが、他のテレビ番組で採り上げられていたので知ったのだが、ある関西方面の知事が、「東日本が苦しんでいるときに、西日本が頑張ろうと言うのは、火事場泥棒になる」と発言したそうな。

その放送があったのは4月中旬のこと。この記事がアップされる5月20日の、一ヶ月以上前のことになる。
実は、このことを書くべきかどうか迷っていたのである。
余りにも情けない発言だから。

しかし、熟慮の末、書いておくことにした。

その番組では、その発言について、罵詈雑言に近い批判をパネラー全員が浴びせていた。
その番組での批判を例に引くまでもなく、この発言は2つの点で大きく誤っている。

1点目は、「火事場泥棒」という言葉の使い方が間違っていること。
新明解国語辞典によると、火事場泥棒とは、火事場の混雑につけこむ泥棒、または転じて、混雑・混乱につけこんで利益を得る人の意・・・ということである。
もし、下線部だけの意味で使ったのだとしたら分からないでもないが、少なくとも「泥棒」という語が含まれているのだから、良い意味で使うことは皆無だろう。「つけこんで」というのも、良い意味のわけがない。

2点目は、東日本が苦しんでいる時だからこそ、西日本が頑張らないと、日本経済全体が大変なことになる、ということである。日本経済全体が大変なことになってしまえば、援助・支援そのものが成り立たなくなってしまう。
現に、震災の直後あたりから一時全国的な「自粛」ムードが溢れかえったが、比較的早い頃、当の被災地から、「他の処は、過剰な自粛をやめてもらいたい」との発言も届くようになった。

私は、今回の一時の「自粛」ムードは、単に「自粛」という言葉だけでくくり切れるものではないと思っている。
「余りの衝撃に、何もする気にならない」という意味合いが含まれているはずだ。
私がこのブログを暫く休載したことと並べて挙げるのは恐縮だが、雑誌などで連載エッセイなどを書いている多くの作家が、同様に、一時何も手につかなかったということを書いていた。それでも、やはり書くしかない、ということで休載した人はいなかった。この辺りがプロであり、プロの精神力の強さを示すものと、感銘を受けた。

さて、この知事は、どういうわけか、関西の各府県の知事が設立した「関西広域連合」に加入することを拒んでいる。
これがまた理解し難い。加入しないという合理的な説明を聞いたこともない。
関西広域連合は、震災直後、各府県がずっとフォローしてゆく「震災県」を決め、各府県営の住宅から、即時提供可能な空き住宅戸数を公表した。
加入していないため、これに関する表明は、1タイミングどころか、2タイミングも3タイミングも遅れてしまった。

今回のような災害は特別のことだが、災害とは関係なくとも、広域で協議すべき課題は多いはずだ。広域でなくても何とか完結可能なのは、2つの「府」だけだろう。
医療にしても、福祉にしても、教育にしても、既に単独ではまかなえない状況に陥っていることは、少しでも県政に関心のある人であれば、周知の事実だ。
「広域」などという、地方自治の拡大を目指すように見えるものに参加したら、出身官庁に義理が立たないとでも思っているのだろうか。

« 「ひこにゃん」の謎 補遺 | トップページ | ホームページを更新しました »

「題なし」の雑感」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533778/51713093

この記事へのトラックバック一覧です: 「西日本が頑張ろう」と言うのは火事場泥棒か?:

« 「ひこにゃん」の謎 補遺 | トップページ | ホームページを更新しました »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

書評 資料室

Amazonアソシエイト

無料ブログはココログ