« 阪急電車 (2) | トップページ | 阪急電車 (4) »

2011年4月30日 (土)

阪急電車 (3)

(前稿からの続き)

1984年、それまで存在していた西宮北口の「今津線」と「神戸線」の平面交差が、神戸線の輸送力増強のあおりを受けて、今津線が南北に分断されてしまったのだが、その内、工事が終った段階にでも、再度南北が繋がり、「今津発宝塚行き」という直通列車が通るものと期待していた。

当時は既に住んでいなかったが、会社勤めを始める前、私は今津線の今津駅近辺に永年住んでいて、思い入れのある路線だったためである。

「今津線の今津」と書いた。
「阪神電車の今津」と同じなのだが、敢えて「今津線の今津」と書いたのは、阪神間に住む、特に阪急沿線に住む人なら分かる人が現在でも多いと思うが、沿線のヒエラルキー感というものがあるためである。

阪神間には、北から、阪急神戸線、国鉄(現在のJR)、阪神国道線(1975年5月5日、全線廃止。このときの情景は「題名のない鉄道館」の「鉄道と情景の記録」に「阪神国道電車最後の日」として掲載)、そして阪神電車が並行して走っている。
そして、どの沿線に住んでいるか、ということがヒエラルキー感として存在し、高いと見なされる順に、阪急沿線、国道沿線、阪神沿線の順となっていた。
阪急神戸沿線は、高級住宅街、阪神沿線は工業・商業地帯。国鉄はその中間。
東京で言う「山の手」と「下町」の対比に近いと言えば、何となく理解頂けるだろうか。

もちろん、こんな雰囲気というか感覚は、主として阪急沿線の住民によるもののはずだ。差別と言ってもいいだろうが、それではキツイので、ここでは「ヒエラルキー感」と称した。当時は、そんなことには無頓着で住んでいる沿線の自慢をし合っていたものだ。まあ、タワイナイものである。

そこで「今津」というのが微妙な存在で、運転本数も輸送力も明らかに阪神電車の方が多いのだが、阪急今津線の沿線でもあるから、阪神電車より北側に住んでいた身としては、「阪急沿線」と言いたいわけだ。

思い入れが深い理由は、そんなヒエラルキー感によるものだけではない。現実によく使っていた路線でもあった。
日常的に、より頻度高く世話になっていたのは阪神電車なのだが、休日に神戸方面に行ったりするときは、敢えて阪急の今津線で西宮北口まで行き、神戸線に乗り換えて行ったものである。これは、阪急の方がスピードが速かったのと、沿線風景が楽しみだったこと、そして神戸線の乗客にはエエトコノ女学生がよく乗っていたたけでもある。
また、大学時代、京都に通ったが、同様に西宮北口まで出て、神戸線の梅田(大阪)行きに乗り換え、というルートを辿った。

そして、宝塚に行くとき、今津からの電車にそのまま乗って行けば良かった。宝塚歌劇というものには当時も現在も全く興味がないが、宝塚駅周辺の雰囲気が好きだったし、「宝塚ファミリーランド」というものがあり、家族連れで、またはデートなどで楽しんだものである。
西宮北口から2つ北の「甲東園」には永く家庭教師に行っていたし、「甲東園」と西宮北口の間の「門戸厄神」は、神戸女学院があり、男子校に通っていた者としては、憧れの地でもあった。

だから、今津線は、西宮北口を越えてそのまま北に向かって利用したことも多かったし、西宮北口から東の大阪方面、西の神戸方面ともによく利用したものである。
今津駅で今津線に乗るとき、「宝塚行き」と表示されていることが、どれほど夢をかき立ててくれたか、測り知れない。

それが南北に分断されてしまったわけだが、駅の改良工事が終れば、やがて南北の直通が復活するのではないか、いや、復活させてくれるのではないか、と漠然と期待もしていた。

それは、決して一方的な思い込みで期待していたわけではない。
阪急が、期待させるように仕向けていたと言って良い。いや、現在でもそれは続いている。

(この稿さらに続く)

« 阪急電車 (2) | トップページ | 阪急電車 (4) »

「題なし」の雑学」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533778/51508799

この記事へのトラックバック一覧です: 阪急電車 (3):

« 阪急電車 (2) | トップページ | 阪急電車 (4) »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

書評 資料室

Amazonアソシエイト

無料ブログはココログ