« 東北・関東大地震のため休載 | トップページ | ひかりテレビ顛末記(2) »

2011年4月 8日 (金)

ひかりテレビ顛末記(1)

大震災直後の3月15日(火)、かねてから申し込んでいた、ひかりテレビの工事が完了した。

震災後、何もする気がなくなって呆然とした状況が続いていたし、15日というのは、さらに暗い気持になってゆく前段階というべき時期でもあったのだが、予め決まっていたスケジュールは進んでいったわけで、工事に来た人と工事に関する話などもでき、若干の救いにはなった。

考えて見ると、会社勤めをしていたとき、阪神淡路大震災があり、職場でも仕事そっちのけで殆ど全員がテレビにかじりついていたのだが、やるべき仕事のスケジュールは決まっていて、イヤでも(?)それをこなして行かねばならず、職場の上司や仲間と震災の話をするなどにより、気分的に落込むのを最小限に喰い留めることができたのだった。
今回の震災よりも私にとっては、親元の住んでいた所の近くてもあり、今回よりも遙かに身近なことだったが、早めに無事が確認できて安心したことも大きかった。

今回の震災は、身近ではないが親戚知人の多くいる地域であり、幸い全員無事ではあったが、何日も確認が取れなかった。
最初は、その確認等があるので一両日休載、ということで記事の執筆を休止したのだが、テレビ報道によって、まさに想像を絶する被災状況を目の当たりにし、とくに大津波の凄まじい破壊力、ひいては大自然がキバを剥いたときの底知れない恐ろしさに触れ、どんどん気持が萎えて行き、何もやる気がなくなってしまい、とうとう1ヵ月近くの休載となってしまったのである。

そんな、ますます落込んで行こうとしている矢先に、予め決めていたスケジュールがちゃんと動いていたのは、本当に助かった思いがしたわけである。

そして、我が家の地デジ化は完了した。思いの外リーズナブルに済んだし、アナログのテレビがやけにキレイに映るようになったのも良い副産物となった。

しかし、「顛末記」と題した通り、ここに至るまで、「何じゃこれは」ということが色々あったのである。

(この稿続く)

« 東北・関東大地震のため休載 | トップページ | ひかりテレビ顛末記(2) »

「題なし」の雑学」カテゴリの記事

「題なし」の雑感」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533778/51326093

この記事へのトラックバック一覧です: ひかりテレビ顛末記(1):

« 東北・関東大地震のため休載 | トップページ | ひかりテレビ顛末記(2) »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

書評 資料室

Amazonアソシエイト

無料ブログはココログ