« 澗(かん)なんて単位 分かるのだろうか 続々 | トップページ | 澗(かん)なんて単位 分かるのだろうか さらに続き »

2011年2月28日 (月)

澗(かん)なんて単位 分かるのだろうか 続々々

前稿で終るつもりだったが、付け加えたいことが出て来たので続ける。

前稿まで見てきたのは、一万の1万倍が一億、一億の1万倍が一兆、というように、万ごとに単位が変る、そして兆の上はケイ、ガイ、ジョ、ジョウ、コウ、カン、セイ、サイと続くということであった。

そして、バン、オク、チョウ、ケイ、ガイ・・・と単位を覚えておくと、IPアドレスが枯渇するという最新の話題も、より実感として分かりやすいと思うから、覚えておいて損はない、ということ。

さらに、この単位とケタ区切りの関係は、4桁区切りの方が実情に即しているのだし、数字としても読みやすいのだから、4桁区切りを是非とも併用すべきだ、ということであった。

しかし、これに関して調べていると、コトは必ずしも単純ではないらしいことが分かった。
単位の付け方は、大別して次の3種類あると言う。何れも、一万が10の4乗であることまでは同じ。

  • A・・・一万(10の4乗)の10倍を一億(10の5乗が1億)、その10倍が一兆(10の6乗が1兆)とする方式。
  • B・・・一万の一万倍を一億とする方式。但し、
    「(B-1)一億の一万倍を一兆とする方式=万進」と、
    「(B-2)千億(10の11乗)の次を万億(10の12乗)、十万億(10の13乗)、百万億(10の14乗)、千万億(10の15乗)と続け、一億の一万倍(10の16乗)を一兆とする方式=万万進」
    がある。
  • C・・・一万の一万倍を億とするのは同じだが、億億を兆、兆兆を京(けい)とする方式。

これでは「億」だとか「兆」だとか「京」だとか言ってもお互いにどんな数値のことを述べているのか分からないし誤解のモトとなるので、上記の「B-1」の方式=万進 に統一されていった、ということだそうである。と言っても、これは日本国内に限定した話。

こうした単位は、漢字と同様に中国からもたらされたものだが、中国では必ずしも万進で統一されているわけではない由である。
詳細は省くが、このことは、英語と米語の間でも見られることなのである。

それにしても、「C」の方式など、途轍もない大きな数字を表すことができるわけで、昔の人は、しかも宇宙の実態など殆ど知られていなかったはずなのに、よくぞ気宇壮大なことをイメージしたものである。

(この稿さらに続く)

« 澗(かん)なんて単位 分かるのだろうか 続々 | トップページ | 澗(かん)なんて単位 分かるのだろうか さらに続き »

「題なし」の雑学」カテゴリの記事

「題なし」の雑感」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533778/50996206

この記事へのトラックバック一覧です: 澗(かん)なんて単位 分かるのだろうか 続々々:

« 澗(かん)なんて単位 分かるのだろうか 続々 | トップページ | 澗(かん)なんて単位 分かるのだろうか さらに続き »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

書評 資料室

Amazonアソシエイト

無料ブログはココログ