« 五珠のそろばん(4) | トップページ | なぜ京都は市電を廃止したのか »

2010年11月28日 (日)

不合理な「3桁区切り」 アラビア数字の読みにくさ

アラビア数字で「一千」と書くと、「1000」となる。同様に「一万」は「10000」、「百万」は「1000000」となる。

こうして桁数が多くなると途端に読みづらくなるのが、アラビア数字による表記の欠点である。

そこで、何桁かでコンマ(,)を入れることが行われる。「一千」は「1,000」、「一万」は「10,000」、「百万」は「1,000,000」のように、通常は3桁ずつに区切って表記される。Excelだと、初めから桁区切りをせずに入力していても、ボタン一発で3桁区切りの表記に直してくれる。

しかし、この3桁区切りをしても、どうも読みづらいと思ったことのある人も多いのではないか。
それも当然で、この3桁区切りは、日本の数の単位と全く合っていないからだ。

英語だと、one hundredが「100」で、one thousand が「1,000」、one hundred thousand が「100,000」、「百万」はone millionで「1,000,000」であり、thousandやmillionの単位になる度にコンマ(,)を付けるので、単位の基準と合っているし、読みやすい。

しかし、日本語で読むとき、「1,000」や「10,000」はまだしも、「100,000」「1,000,000」などをすぐに読めるだろうか。数字に慣れた人ならすぐに読めるのだろうが、私などは現在でも・・・会社勤めをしていた頃、少しは数字を扱う仕事もしてきたのだが・・・「100,000」とか「1,000,000」辺りになると、念のために下の位から「1、10,100,1000・・・」などと確認しないと自信が持てないでいる。この稿の数字もそうして確認しつつ書いている。

小学校だったか中学校だっか忘れたが、学校でこの桁区切りを習ったとき、3桁区切りはサブの扱いで、「4桁区切り」というものをメインに教わった。

現在では殆ど使われなくなったと思われるし、学校で習うのも3桁区切りだけかとも思うが、実は、4桁区切りの方が、日本の数の数え方に合っていて読みやすいのである。

「一千」は区切りなし(不要)、「一万」は「1,0000」「十万は「10,0000」、百万だと「100,0000」、「一千万」が「1000,0000」で、「一億」で「1,0000,0000」となる。
「万」になるときコンマが付き、「万」から「億」になるとき、もう一つコンマが付く。

この調子で、「億」の上の単位である「兆」になるときも、さらにその上の単位である「京(けい)」になるときも、コンマを一つずつ付けて行くだけでよい。どう考えたってこの方が読みやすいはずだ。3桁区切りというのは、日本の数の読み方や単位に全く合っていないものであり、不合理な表記法なのである。

さらに言えば、大きな数字に単位についてアラビア数字の表記と対比させて理解しようとるとき、4桁区切りで端的に読める方が理解しやすいはずである。

しかし、不合理でありながら、3桁区切りが一般的になってしまった。これは欧米で3桁区切りを使っているので、日本国内で4桁区切りで表記していると分かりづらくなるし誤解のモトにもなりかねないから・・・区切り内の「0」の数が違うので、間違って表記したり間違って読んだりしたら大ゴトだ・・・という理由に基づくものだろうと思う。

しかし、学校生活の場では「4桁区切り」で数に関する理解を深めることに重点を置き、会社に入ったりして実務的に必要となってから3桁区切りを実行する、という方法もあるのではないだろうか。

それこそ、区切りの打ち直しなど、パソコンにやらせたらいいのである。Excelでコンマを打つとき、「3桁区切りにしますか、4桁区切りにしますか? 」みたいな問いかけが出て、確定する前に再度「4桁区切りにします。よろしいですか? 」などの確認窓が出るようにしたら事故も起こらないだろう。

って、どなたか、作ってみて頂けないでしょうか。

« 五珠のそろばん(4) | トップページ | なぜ京都は市電を廃止したのか »

「題なし」の雑学」カテゴリの記事

「題なし」の雑感」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533778/50101310

この記事へのトラックバック一覧です: 不合理な「3桁区切り」 アラビア数字の読みにくさ:

« 五珠のそろばん(4) | トップページ | なぜ京都は市電を廃止したのか »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

書評 資料室

Amazonアソシエイト

無料ブログはココログ